湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.03.23

温泉の濃度によってもたらされる効果!イオン化作用

温泉と言えば体の不調を改善したりするイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。それはイオン化作用の働きによるものです。別名ラドン温泉とも呼ばれますが、いったいどのような仕組みになっているのでしょうか。

 

 

ラドン温泉ってなに?

 

ラドン温泉とは、一定の濃度で浴槽にラドンガスを送っている温泉のことです。肌への吸収を高めるために、一定濃度に保たれています。そもそもラドンとは、自然に存在する無色無臭の気体のことです。温泉は人工的にラドンガスを発生させたものを浴槽へ取り入れていますが、実はラドン元素を既に含有している温泉もあります。天然のラドン含有温泉はラジウム温泉ともよび、天然のラドンとともにさらに人工的にもラドンを取り入れるさらに強化した温泉です。人工にて発生したラドンガスでは、より新鮮&安全なラドンが高濃度に含まれています。そのため、38度前後のぬるめのお湯でもサウナのような汗が出てくるのです。医療的にも体の不調を改善する効果が認められています。

 

 

ラドンが体に入ると?

 

天然のラドンが含まれるものは汗がかなり出るということを記載しましたが、ラドンは体にどのような影響をもたらすのでしょうか。ラドンは不活性の気体であるため、体のどの部分とも化学反応しません。他の元素とも化学反応もしません。皮膚からは10パーセント、肺からは90パーセントの割合で体に入ります。体内に取り入れられたラドンは血液に乗って全身へと運ばれるのです。またラドンの特徴として、油に溶けやすい性質が挙げられます。そのため脂肪の多い内分泌腺や神経線維に集まりやすくなります。しかしラドンは体内からすぐに出てしまいやすいことも特徴であり、3時間程度でほぼ全て排泄されてしまうのです。

 

 

ラドンが良い効果をもたらす入浴法

 

ラドンはすぐに排泄されやすいことがありますが、実はこの短い時間で大きな働きをしているのです。より効果を高めるための入浴法を見てみましょう。まず、お湯の温度は38度とぬるめにします。発汗し始めたら15分ほど入浴します。その2時間後に再度同じように入浴してください。2時間ほどで排泄されてしまうため、入浴を繰り返すことで効果を高めます。体内に取り入れられたラドンはイオン化作用し、中性脂肪やコレステロールなどの代謝を促すのです。老廃物が排出され血管がきれいになると、痛みなどの体の不調が自然と改善されたことを感じるでしょう。

 

いかがでしたか。イオン化作用は聞いたことがあるけど、ラドン温泉はあまり聞き馴染みがなかった人が多いのではないでしょうか。ラドンの特徴を生かして効果的な入浴法をしてみましょう。体に不調がある人はぜひラドン温泉に訪れて見てください。

イオン化作用4

イオン化作用

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top