湯~とぴあ

ご予約はこちら RESERVATION
2018.06.13

湯~とぴあの温泉は湯冷めをしないのが健康効果を得るために大切

山梨県にある湯~とぴあは、多種類の温泉、サウナなど充実した設備が揃っている温泉施設です。温泉だけでなく、地元で取れた食材で作った美味しい料理、美しい景色も堪能できることから、観光で多くの方が訪れています。

 

 

温泉で得られる健康効果

 

温泉に浸かることで、体にとって様々な健康効果を得ることができます。例えば、肩こり、腰痛、頭痛などの解消効果があります。その理由は、温かい湯に浸かっていることで、身体の血管が拡張されて血行がよくなるからです。すると、身体に痛みをもたらしていた老廃物をスムーズに外に排出することができます。よって、血行不良による肩こりや腰痛などを軽減できるというわけです。
また、温泉に入ることで、全身に水圧がかかり、軽くマッサージを受けている状態になります。それで、内臓の動きが活発になることから、新陳代謝が上がります。その結果、余計な脂肪を燃焼して、痩身効果も得られます。さらに、温泉に浸かると浮力で重力から解放されたような感覚になるので、高いリラックス効果もあります。

 

 

温泉で湯冷めしない方法

 

寒い冬の時期に温泉に入ると、多くの方は入浴後に湯冷めしないか不安に感じるものです。せっかく温まったのに湯冷めしてしまうと、風邪を引いてしまう恐れがあります。実は、入浴する際には、ちょっとしたコツで湯冷めを防ぐことが可能です。
そもそも湯冷めの原因は、温泉で温まった体温を下げるために体が発汗するからです。身体を十分拭かずに服を着用すると、汗で服が濡れて一気に体温が奪われてしまいます。この状態を防ぐには、温かい湯と冷たい水に交互に浸かる事が大事です。温かい温泉に10分ほど入り、次に冷たい水に1分くらい浸かります。これを4、5回繰り返していきます。すると、身体の内側までしっかり温まると同時に、湯冷めの要因となる発汗も抑えることができます。よって、長く温かい状態を保つことができます。

 

 

温泉に入る際のマナー

 

温泉に入る際は、周りのお客さんに迷惑にならないようにマナーに注意を払うべきです。まず、タオルを温泉につける行為は厳禁となります。テレビなどの情報番組で、リポーターがタオルを身体に巻いてお湯に入る場面をよく目にします。しかし、あれは特別に許可を取っているだけで、実際はマナー違反です。というのも、タオルには多数の雑菌がついているので、湯船に入れると不衛生になります。
それと、温泉に入っている時に、体を洗わないことです。長く、湯に浸かった身体を擦ると垢が落ちますが、一緒に入っている人に迷惑になります。なので、必ず身体を洗う際は、洗い場できれいにする必要があります。

 

温泉施設に入ることで、肩こり、腰痛などの解消効果、仕事で疲れた際はリラックス効果を得ることができます。また、日常的には味わえない美味しい食事、美しい景色も満喫できるので、のんびりと過ごすことができます。気分転換したい人には、温泉施設はうってつけと言えます。

湯冷め

湯冷めはしないのがラドン温泉

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111