湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.10.19

妊婦でも大丈夫!ラドン温泉の注意点・効能について

温泉 妊婦

 

妊婦でも大丈夫!ラドン温泉の注意点・効能について

 

この記事を読むための時間:5分

 

2014年以前までは妊婦が温泉に入浴することは禁忌とされていました。その後、解禁となり妊婦といえども体調がいいときには旅行でも行きたいと思う方も多いでしょう。そこでラドン温泉とはどのようなものなのか、また効能・注意点などについて説明していきます。

 

ラドン温泉ってどんな温泉なの?

 

初めて耳にする方もいるかもしれませんが、温泉の中にラドン温泉と呼ばれるものがあります。ラドン温泉とは放射能泉の事です。放射能と聞いてびっくりされる方も多いでしょう。しかし様々な検査により妊婦及び胎児に影響がないことは実証されています。ラドン温泉における放射線量は日常受けるレントゲン撮影よりも低い0.5マイクロシーベルト以下でしかありません。では放射能泉による入浴は人体にどのような影響をもたらしてくれるのでしょうか。実はラドン温泉は体内に蓄積された不必要な老廃物を体外へ排出してくれる効能があります。妊婦の場合は長時間の入浴はおススメではありませんが、自律神経の復調にも効果があると言われています。日常の生活でも常に0.17マイクロシーベルトほどの放射線を浴びている私たちですので、過剰に反応することはない温泉であると言えます。

 

理にかなったラドン入浴で心も体もリフレッシュ!

 

ラドン温泉は万病に効果的に効く実証がある入浴方法です。当然のことですが妊婦が入浴することは様々な効能をもたらしてくれます。通常の単純温泉でも体と心が癒されることは妊婦にとってとても良いことです。その中でラドン温泉はホルミシス効果と呼ばれる少量の放射能を温泉に溶解することによって得られる弱くなった体の再生を期待できる温泉で、体に蓄積された老廃物を体外へ排出してくれるうえ、精神的な不安感などの緩和にも大きく貢献できることが期待できます。妊娠期だからこそラドン温泉に入浴するといった考え方はとても理にかなったものであるといえるでしょう。一点だけ注意点がありますが、しっかり認識しておくことが大切です。それは転倒です、妊婦はお腹が大きく歩きづらくなるものですが、温泉は床が滑りやすいということを頭に入れておかなければいけません。転倒は大事故にもなりかねませんので十分に気をつけてラドン温泉の効能を享受しましょう。

 

温泉 妊婦

 

ラドン温泉が妊婦にいいわけとは?

 

妊婦に限ったことではなく、ラドン温泉に代表される放射能泉は万病に効果的に効くものとして古来より日本人に愛されてきました。では妊婦の場合は実際にどのような効果を期待できるのでしょうか。ラドンのような微量の放射線量は過剰な神経細胞の活性を抑えて神経痛などの症状を緩和してくれるだけでなく、免疫細胞を活性化することで人体を健康な状態へと導いてくれる温泉です。日本産婦人科学会の所見でもラドン温泉に含まれる放射線量は妊婦にも胎児にも影響がないものとしています。長い時間入浴しないことなどを守る事で、悪影響よりも受ける好影響のほうが多いラドン温泉として認知されています。入浴することで気持ちが落ち着き、血行がよくなり妊婦・胎児共にきわめて良い健康状態になることが期待できるものです。

 

まとめ

 

温泉は老若男女を問わず楽しめるものです。以前は禁忌の期間も存在しましたが解禁されたいま妊婦の人でも楽しめるものとなっています。もちろん通常の身体状態ではないこともあり、注意しておくことがあるのは仕方ありません。温泉は妊娠期間の楽しい思い出となるうえ、心も体も癒してくれ、出産までの期間をより良いものとしてくれることでしょう。ラドン温泉は数は少ないですが、日本全国に広く分布しています。機会があれば予定を組んでラドン湯治にでかけることを計画してみるのも良いですね。ぜひ放射能泉であるラドン温泉のホルミシス効果をご自身で体験していただき、元気で丈夫な赤ちゃんを出産できる心と健康な体を手に入れましょう。

 

 

山梨県で人気の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

山梨県で人気の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

湯〜とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」は湯治に最適、ラドン温泉の中でも東洋一の規模「1000人用ラドン温泉」があります。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿として、ビジネスや観光にもおすすめです。 日本旅館協会・シルバースター登録旅館、人にやさしいお宿です。

湯~とぴあ

 

 


Top