湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.02.08

湯治の際に気を付けたい好転反応

温泉で湯治をしていると、時折一時的に気分が悪くなる、体調が悪化することがあります。湯あたりの可能性もありますが、これは好転反応と言われています。ここから改善が見られる時に起こりますが、この好転反応がどのタイミングで起こるのか気になるところです。

 

 

好転反応として特徴的な症状

 

そもそも好転反応は体質に変化が起きたり、代謝などで細胞が生まれ変わったりする過程で、体内の悪い物質が外に出る時に起こる現象とされています。症状としては、便の不調や倦怠感、体の重さなどですが、こうした好転反応は元々抱えている疾患によって大きく異なります。

好転反応は何回も繰り返し発生することが言われていますが、段々と症状が落ち着き、最終的に改善されていく傾向にあります。最初がかなり重く、それを繰り返すうちに収まりを見せ、気づいた時には体も元気になり、それらは起きなくなります。湯治を始めて最初の時期はこうしたことが起こります。

 

 

湯あたりと好転反応の違い

 

好転反応に似たものに湯あたりがあります。湯あたりは、気持ち悪くなる、だるくなる、めまいがするなどが症状の種類であり、好転反応に似たものがあります。しかし、湯あたりの場合はすぐに発生することもありますが、好転反応は早くて数日、長くて1週間程度で経験することがあります。

湯あたりの場合には、温泉と体質が合わないため、すぐに引き上げて別の温泉に行くことが大事です。泉質の問題もありますが、それ以外の要素も相まって体に合わなかったということになります。好転反応はしばらくしてからなるため、その場合でも体調に考慮した湯治が必要です。

 

 

好転反応が出た場合の対処法

 

湯治などで好転反応が出たという場合は、毒素が体の中にあることを示しているため、その排出を促す努力が求められます。そのため、水を多く飲み、腎臓での自然な毒素の排出をサポートすることが必要です。また、野菜やフルーツなどをしっかりと食べ、健康的に過ごすことを心がけることにより、さらなる毒の排出、デトックスに貢献します。

大事なことは、適切な運動です。これをすることで体からさらに毒素が追い出されていくこととなります。内からも外からもきれいにしていくことで、疾患に苦しんでいた人も疲れが気になっていた人もいつの間にかそうした症状に左右されない日々を過ごすことができます。

 

好転反応だったとしても、体調を崩したと思い込み、湯治をやめてしまう人がいます。好転反応はあくまでも好転反応であるため、体質が変わろうとしている、体にある悪い部分が駆逐されていると思っておいて大丈夫です。

湯あたり

湯あたり、好転反応といい一時的に痛みが増したり気分が悪くなったりする

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top