湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.01.11

肺気腫などの適応疾患の症状を温泉で緩和できることも

日本人にとって温泉はとても身近なもので、疲労回復効果やリラックス効果を期待して入る人も多いはずです。
温泉のお湯は飲むことでも健康効果を得られるとも言われており、病気を良くしたいと願って入ったり飲用したりする人もいます。

 

 

温泉成分による適応疾患の改善効果

 

温泉には様々な健康に良いとされる成分が含まれており、それぞれの温泉成分がどのような病気に効果的かを表示しています。
それを適応疾患と呼び、例えばその中には筋肉や関節の慢性的な痛み(肩こり、腰痛、関節リウマチなど)や肺気腫、喘息、冷え症、胃腸機能の低下、ストレスによる睡眠障害やうつ状態、疲労回復などがあります。
そのため療養を目的に温泉を利用する人も多く、症状が緩和することを求めて定期的に通うこともあるようです。
しかし、中には逆に症状が悪化することもあるため病気の場合は医師と相談して入浴するべきです。

 

 

蓄積された疲労を癒し肌もつるつるに

 

温泉は何と言っても疲労回復するには最適です。
あの温泉特有の硫黄の香りはそれだけで体に良さそうな感じがしますが、仕事や家事、育児などで疲れた体を癒すには、温泉に入って心も一緒にリラックスするのが効果的です。
固まってしまった筋肉で慢性的な肩こりや腰痛に悩む人も、温泉で体を温めることで筋肉がほぐれ症状が緩和されることもあります。
また温泉に含まれる成分によっては、浸かっているだけで湯上りの肌がつるつるになっていることもあります。
温泉のお湯そのものが美容化粧水のような役割をしてくれて、女性にとっては嬉しい効果も期待できます。

 

 

肺気腫の人にも温泉はお勧め

 

吸い込んだ空気を十分に吐き出せなくなり肺が膨らんだままになってしまう肺気腫である場合、温泉に入ることで水圧が胸部を圧迫し肺の大きさが小さくなり呼吸がしやすくなります。
温泉に含まれる成分が肺気腫に効果的なこともあり、実際医療機関では温泉水を噴霧したり吸入するという治療が行われています。
長期的な温泉の利用で病気の進行を防ぐことも期待できるのです。
他にも同じこと呼吸器系疾患である喘息にも温泉は良いとされており、症状を緩和させるために入浴する人も多くいるようです。
ただし、喘息の場合は発作が起きている時の入浴派危険なので避けるようにしましょう。

 

温泉は疲労回復などの軽い症状から、慢性的な疾患にも効果的だとして多くの人が利用します。
習慣的に入浴することでより改善することが期待できます。
しかし全ての人に効果が現れるというわけではないことも理解しておきたいものです。

肺ガン

肺気腫・喘息などをもつ患者さんがラドン温泉を利用しております

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top