湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.09.18

温泉付きのインバウンドと登山の面白さ

内需が冷え込む一方なのに対して、海外からの旅行客は増加の一途をたどっています。旅行業界のみならず、多くの職種において、この機会を見逃す手がありません。日本の観光地ならではの魅力を振り返り、国際交流にも繋げていきましょう。

 

海外でも大人気の温泉

日本各地には、数多くの温泉があります。火山国という特徴は一時的なリスクもありますが、実際には多くの資源をもたらしてくれるものです。中でもインバウンドで訪れる外国人旅行客においては、かなりのピーアールポイントとなります。一件、こうした施設は日本独自のものと考えがちですが、それは誤解です。世界中に天然温泉は点在しており、それだけに人類にとって馴染み深い存在に他なりません。実際に訪日外国人の中には、これと登山を楽しみにやってくる人が少なくないのです。こうした需要を踏まえつつ方策を練ることは、インバウンド時代の基本といえます。

 

初心者から本格派まで満足させる国内登山

一方、全国にある登山スポットも、インバウンドの定番です。土地が広い海外と違い、日本は自然も町も密集しています。それだけに、起伏に富んだ特徴を有しており、名山と呼ばれる土地も多数登場するようなりました。オランダのような、そもそも山のない国に住んでいる人にとっては、登山は最高の観光地です。事実、富士山では外国人の姿も多く見られるようになりました。一口に登山といっても、ハイキング気分で登れるものから、プロしか入れない場所まで様々です。1つの国で、ここまでバラエティ豊かな登山が楽しめる土地は、なかなかありません。下山後の疲れも温泉でとることができますから、まさに理想のインバウンドプランといえます。

 

気をつけたい文化の違い

国が違えば、当然文化も異なってきますから、それに応じた配慮は必要です。たとえば温泉において、もっともトラブルになりがちなのが、タトゥーの入場制限になります。国内の施設では厳禁とされていますが、文化として定着している国も珍しくありません。そのため、インバウンド招致の障壁となり、度々問題視されてきました。温泉施設の側としては、外国人観光客に対して、規制を緩和するなどの処置が求められます。また、登山スポットの中にも、細かい取り決めがなされている土地もあり、注意が必要です。文化の違いが軋轢を生まないよう、柔軟な対応を心がけていきましょう。

このようにインバウンドはチャンスも大きいですが、事前の心構えと準備も重要です。裏を返せば、それらをきちんと取りまとめられる施設は、一流の証といえます。外国人だけでなく、日本人であっても、こうしたお宿を選び、温泉と登山を満喫していきましょう。

富士山ご来光

インバウンドと登山と温泉

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top