湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.09.21

登山の疲労時に入る風呂の効果

今日本は空前の登山ブームとなっています。アウトドア用品の多彩さや山ガールの誕生、ワンダーフォーゲルの部活としての発展が顕著な例であり、かなりの人気を得ています。そこで登山で使った体力を回復し、身体を癒す最適な行動として、入浴があります。山のふもとには風呂や温泉が充実している場所が多く、登山者に人気のスポットとなっています。

 

何故疲労には風呂なのか

 温かい湯船に浸かるということは身体を芯から温めるということです。身体を温めるという行為は基本的な人間の健康に直結してきます。例えば癌の治療の一つとして温熱療法というのがあります。これは身体を温め、しこり等の患部を和らげていく効果もあり、何より癌細胞は熱に弱いので温めることにより死滅させることが可能です。また風呂に浸かることで血行を良くし、身体のコリや筋肉のハリ等を除去することができます。登山は体力を非常に浪費するため、このような筋肉疲労等をケアすることはとても大事です。登山が終わったら風呂に入ることがオススメです。

 

汗を流して登山後もスッキリと

 登山は基本的にオールシーズン楽しめるアウトドアですが、どうしても日常で使わない筋肉を使ったり、行わない動作をするために、多量の汗をかきます。運動して汗をかくことはとても良いことですが、これを放置してしまうのはとても危険です。汗は体温を奪っていくので、そのままにしておくと風邪をひいたり、寒気を感じてしまいます。タオル等で拭くのも大切ですが、風呂に浸かることで奪われた体温を戻し、平熱に戻そうとしてくれます。高山に登れば上るほど奪われる体温も大きいため、終わった後は身体の温めが必須です。湯船にゆっくり浸かって体温を平常値に戻しましょう。

 

汚れた身体を清潔にする

 風呂に浸かることは単純に温めるだけの目的ではありません。山はどうしても自然に囲まれた場所なので、土や植物、泥などで汚れてしまうことが必至です。もちろん清潔なものではないため、放置することはばい菌の付着を許したり、虫が寄り付く原因ともなってしまいます。また寄生虫などもいないとは限らず、山などの場所では何が起こるかわかりません。このような汚れや垢を落とすためにも風呂に入ることは重要です。勿論湯船に浸かるだけでは落とすことはできませんから、赤こすりなどで入念に洗いましょう。特に肌が露出していた部分などは石鹸で清潔を保つことを意識した方が良いです。

 

 登山に入った後はスッキリするためにお風呂に行く、というのは最早常識のようになっていますが、この行動には大きな意味があり、またその意味を欠いてはいけません。清潔を保つため、健康を促進するために登山後には風呂に入りましょう。

富士山登山

登山に入った後はスッキリするためにお風呂に行く

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top