湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.09.22

入り方のマナーを守って温泉を楽しもう

温泉はたくさんの人が共同で利用するものですから、きちんとマナーを守った入り方をすることが大切です。気づかないうちにマナー違反をして、他の人に迷惑をかけてしまわないように、温泉の入り方のマナーを頭に入れておきましょう。

 

洗い場

洗身後入浴してください

 

 

湯船に浸かる前にかけ湯をする

温泉に入るときには、湯船に浸かる前にまずかけ湯をして体の汚れを落とす必要があります。別の浴場で洗ってきて、すでに体が綺麗だったとしても、必ずかけ湯をしなくてはいけません。他の利用者にはこちらの事情はわかりませんので、他の人に不快な思いをさせないためにも、たとえ自分の体が綺麗なときでもかけ湯を行うのがマナーとなっているのです。

ちなみに、温泉に入る前にかけ湯をするのは、ただ体の汚れを落とすだけでなく、温泉の温度や泉質に体を慣らすという目的も兼ねています。そういった意味でも念入りに行うようにしましょう。

 

 

タオルを湯船に入れない

衛生上の配慮として、タオルを湯舟の中には入れないようにしましょう。かけ湯と同様で、たとえ新品のタオルであっても他の人にはわかりませんので、どんなタオルであっても湯舟に入れることは禁止されています。

それから、バスタオルを巻いて入ったり、水着を着て入ったりすることももちろん禁止です。テレビなどではタオルを巻いたまま入ったりすることもありますが、あれは撮影のためですので真似しないようにしましょう。ただし、混浴などで水着の着用が許可されている場合もあります。そういった場合には、その温泉施設のルールに従うようにしてください。

 

バスタオル

バスタオルを巻いての入浴は禁止です。

水着

水着の着用も禁止です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱衣所に移動する前に体を拭く

温泉から上がって脱衣所に移動するときには、移動する前にしっかりと体を拭くことが大切です。濡れたまま水をポタポタ垂らしながら移動すると、脱衣所の床がびしょびしょになってしまいますので、これも必ず守らなくてはいけないマナーの一つです。

また、温泉から上がる前には、使った桶や椅子、シャンプーなどを元の位置に戻しておくことも忘れてはいけません。次に使う人のことを考えて、使い終わったら水で流して綺麗にしておくことも基本的なマナーです。それから、自分で使い切りのシャンプーなどを持ち込む場合にも、ゴミはきちんと片づけるようにしましょう。

他にも、髪を湯船に入れない、勝手に水を足さない、許可なく写真を撮らない、騒がないなど、守るべきマナーはたくさんあります。温泉はみんなのものですから、一人一人がマナーを守って、お互いに気持ちよく利用しましょう。

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top