湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.10.11

こんなにあった!温泉の効果的な入浴方法

温泉 入り方

 

こんなにあった!温泉の効果的な入浴方法

 

この記事を読むための時間:5分

 

日本人は、世界でも珍しいほどのお風呂好きな民族ですが、その理由の一つに豊かな温泉の存在があることは間違いありません。そして長い歴史の中で、より温泉の持つ効果を引き出し、体に負担の少ない入浴の方法が生み出されてきたのです。古くから受け継がれてきたその知識で、温泉をもっと楽しみ、より健康になりましょう。

 

名前も効果も様々な入浴方法を解説。まずは全身浴から

 

温泉の入浴方法は、まず大きく2つにわけられます。全身浴と部分浴です。それぞれの入浴方法は、温泉の温度や得られる効果によってさらに細かく分けることができます。まずは全身浴からご説明しましょう。

 

全身浴は文字通り、全身を温泉に浸す入浴方法で、「寝湯」と「半座位浴」と言う浸かり方があります。「寝湯」は比較的温め(37℃前後)の温泉で、浅い浴槽がある場合に向いた方法です。ゆったりと全身を伸ばして横たわり、30分ほどじっくりと時間をかけて入浴します。心身の両方をリラックスさせることができるため、動脈硬化や高血圧といった症状のほか、不眠症や精神的疲労にも効果の高い入浴方法です。

 

「半座位浴」は、深めの浴槽に向いた入浴方法です。座位、もしくは半座位(中腰)の姿勢を取るため、入浴方法の中では最も体に水圧がかかるため、心臓に持病のある方が行う場合は注意が必要です。半座位浴には、温泉の温度による4つの分類があります。

まずは、42度以上のお湯にさっと(3分程)浸かる高温浴です。交感神経を刺激し、新陳代謝が高まる効果があります。ただし刺激が強いため、心臓に持病のある方や高血圧の方は特に注意する必要があります。

 

次に、中温(40℃前後)の温泉に入浴する温浴です。最も広く一般的に行われている入浴方法で、適度な発汗作用が浴後に爽快感を与えてくれます。家庭での入浴に近い温度ですが、温泉の場合は温泉水の成分が作用するため、高い保温効果があるのが特徴です。冷え性の方、ストレスを解消したい方に効果的な入浴方法です。強めの圧力がかかったお湯を体に当てる「圧注浴」や、細かな泡を当てる「気泡浴」など、マッサージ効果を与える各種の方法によってさらに分類され、これらの方法は、神経痛・腰痛などに効果を発揮します。微温浴は寝湯と同じかやや低い程度、36℃前後の温泉に30分以上浸かる入浴方法です。「持続浴」の別名があり、動脈硬化や高血圧に効果があり、リラックスできる入浴方法です。最後の寒冷浴は、7~20℃という低温の温泉に入浴する方法で、神経症などに効果があります。体温より低い水温に触れるため、循環器に持病のある方の場合は注意が必要です。

 

温泉 入り方

 

部分浴はいろいろとユニーク。歩く入浴方法も

 

部分浴は、特に効果を得たい部分や、目的の効果を得るために適した部分を、温泉に浸す、または浴びる入浴方法です。どの部分に行うかによって分類されます。「かぶり湯」は頭部や首筋にお湯をかぶります。お湯にじっくり浸かると脳貧血気味になる方や、血圧の上がりやすい方に向いた方法で、かぶり湯を行ってから寝湯や温浴を行うと、のぼせにくくゆったりと楽しむことができます。「打たせ湯」は高い所から落とされるお湯に、肩や首筋、腰などを打たせる入浴方法です。

 

こわばった筋肉をほぐし、痛みを和らげます。肩こりや腰痛に効果的です。「腰湯」や「足湯」はお湯に浸した部分の血流を促すため、冷え性や下半身の循環不全に効果があります。また、その部分以外に水圧がかからないため体の負担が少なく、体力に不安のある方に向いた入浴方法です。「歩行浴」はひざ下程度の深さの温泉の中を歩く入浴方法で、入浴と運動療法を兼ねられます。冷え性のほか、自律神経失調症に効果のある方法です。

 

自分に向いた入浴方法で、いざ、温泉へ!

 

いかがでしたでしょうか。こんなにもたくさんある入浴方法、中には知らなかった名前や効果もあったのではないでしょうか。これらの入浴方法にはご家庭で行えるものもありますが、温泉にはさらにそれぞれの泉質があり、豊かな成分が様々な癒しを与えてくれます。普段と違った環境で広々としたお風呂につかれば、体だけではなく気持ちもリフレッシュできます。時には少し遠くへ足を延ばして、昔の人の知恵と工夫に想像を巡らせながら、ゆったりと温泉を楽しんでください。

 

 

山梨県で人気の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

山梨県で人気の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

湯〜とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」は湯治に最適、ラドン温泉の中でも東洋一の規模「1000人用ラドン温泉」があります。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿として、ビジネスや観光にもおすすめです。 日本旅館協会・シルバースター登録旅館、人にやさしいお宿です。

湯~とぴあ

 

 


Top