湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.10.10

健康に良い温泉の入り方をして疲れをとろう

健康増進のために温泉が良いというのは良く知られています。しかし、温泉の入り方によっては、疲れが取れるどころか、あがった後、逆に疲れを感じてしまうことも。温泉に行ったら、健康に役立つ入り方をし、日ごろの疲れを取りましょう。

 

 

温泉には適度な時間や回数、入るのが大事

 

せっかく温泉に来たのだからと、一日に何度も出たり入ったりしながら湯船につかったり、長時間湯船につかる人もいるでしょう。しかしそのような入り方では、体に負担をかけてしまいます。温泉に入る回数は多くても一日3回程度に留めておきましょう。また湯船につかる時間も、長くなりすぎないことが重要です。とくに、熱いお湯に無理して長時間つかることは避けます。肩まで深くつかっている時間も加減しましょう。あまりダラダラと汗が垂れ落ちるほどつかるのは入りすぎです。健康のために温泉に入るのですから、疲れすぎない程度の時間にするようにします。一度の入浴は30分程度にしておくようにするのが良くでしょう。

 

 

健康に良い温泉の入りかた

 

健康のためになる温泉の入りかたとして、体が落ち着いている状態で入ることは重要です。温泉に着いたばかりで体が疲れているときは、少し休んで疲れを取ってからにします。そして食後すぐには入りません。温泉に入ると血行が良くなることにより、胃腸の働きが鈍くなってしまうことがあるからです。食べ物の消化が進んだ30分後以降に入るようにし、アルコールを飲んだ直後も避けるようにします。また、温泉につかる前には、かけ湯をして、体をお湯の温度に慣らしてから入るようにします。同じ理由でお湯の温度と室温に温度差がある場合はゆっくりつかるようにします。

 

 

温泉からあがった後はしっかり休むこと

 

温泉からあがったら、体の水気を拭きながら、少しのあいだ脱衣所で涼みながら、体を落ち着かせるようにします。また、汗をかいているので、水分補給もするようにしましょう。「お風呂上りのビールがやめられない」という人も多いものですが、あがった直後のアルコールは健康に良くないため避け、アルコールの入っていないもので水分補給をします。ビールを飲む場合は、体が落ち着いてからにします。温泉に行った晩、布団に入ってからぐっすりと眠れるという人もいるでしょう。温泉につかると体力を使っているものです。温泉に入った後は、良く体を休めるようにします。

昔から、刺激の強い温泉に長期滞在し湯治をする場合、人によっては気分が悪くなる「湯あたり」と呼ばれる状態になることが知られています。それとは別のお湯の温度によって体に負担がかかる疲れは予防できます。健康によい温泉の入り方をしましょう。

疲れ2

疲れたら温泉です

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top