湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.10.18

ラドン温泉の種類と泉質について

温泉は地中から湯が噴き出すところとかその場所を指すもので、熱水泉を用いた入浴施設も一般にこう呼ばれています。
熱源からいうと火山のマグマを熱源とするものは火山性温泉、火山とは無関係の非火山性のものに分けられその成分によって独特の色や匂い、効能を持つものがあるとされます。

 

 

温泉の泉質とはどういうことか

 

土中から湧出する温泉には様々な物質が溶存しています。 それらのうちで温泉法という温泉の保護等を定める法律によると特定の18種類の物質の温泉1キログラム当たりの溶存量と総溶存量によって泉質の分類が分析法指針で定められています。 成分分析のまとめられたものは温泉分析書と呼ばれ施設の内部に掲示される場合が多いとされています。
温泉の効能は泉質によって定められています。 療養泉には単純温泉、塩類泉、特殊成分を含む療養泉の全11種類とこれに収まらない温泉もあります。
鉱泉の分類では泉温や液性、浸透圧による分類があります。

 

 

ラドン温泉とはどういうものか

 

ラドン含有温泉は天然ラジウム温泉で法律的には放射能温泉と呼ばれます。
ラジウム温泉の放射性成分にはラドン、ラジウム、ラドンの放射性同位体トロン、アクチノン、またラドンの娘元素ポロニウム、鉛などが存在します。 放射線温泉としてはラドンが111ベクレル以上含有しますと療養泉となります。 ですが、天然のラジウム温泉の源泉にはラドンは含まれますが、お客様が入られる浴槽や浴室には既にラドンが無くなってしまっています。 それを克服するために新鮮なラドン元素を直接浴槽へ送るラドン温泉が開発されたのです。
温泉の中のラドンから放出される微量の放射線を吸収すると身体の細胞を刺激して免疫力が向上し、血流改善の効果があるとされます。 その他に自律神経の鎮静作用やホルモンや代謝異常の調整、鎮痛や消炎作用があるとされています。

 

 

ラドン含有温泉の利用方法による各種の適応症とは

 

浴用による場合はホルミシス効果があるとされ、リウマチ性疾患、痛風及び尿酸素質、動脈硬化症、高血圧症、慢性肝や胆道疾患、外傷後遺症に良いとされています。
肺気腫や変形性関節症、肩こり、腰痛、神経痛、胆道疾患、冷え症、婦人病、アトピー性皮膚炎、美肌効果、疲労回復、ストレス解消にも良いとされています。 温泉周辺の住民のがん死亡率も全国の半分以下とされています。
飲用による方法の場合はリウマチ性疾患や痛風及び尿酸素質、慢性消化器疾患、慢性肝・胆道疾患、糖尿病に良いとされています。
吸入療法による場合は痛風及び尿酸素質、リウマチ性疾患、慢性気管支炎、気管支喘息などに良いとされています。

温泉は地中から噴き出す場所とか施設を指すとされ、成分によって独特の色や匂いを持ち効能を持つとされています。 ですが、ラドン成分に限り天然温泉では全く無くなってしまう元素で有り、新鮮な元素で無ければ安全に利用出来ない放射能元素でもあります。 生まれてから3. 8日経過すると別の物質に変わってしまうため、発生器械で安全に発生した一定のラドンをもつラドン温泉を全国各地に建設された理由でもあります。 医学の温泉とも呼ばれ、ホルミシス効果を持つとされ、入浴方法や飲用、吸入といった方法がありリウマチ性疾患を始め多くの効用を持つとされています。

ラドンガス

ラドン温泉とは浴槽へ新鮮な安全である生まれたてのラドンガスを送られた温泉です。

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。 それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。 目新しさや
優れたサービスもない。 ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。 これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿 ★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00 ~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス
湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111


Top