湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.10.20

放射線療法中で皮膚炎を発症した時の温泉入浴について

癌の放射線療法は、癌が発症した部位に放射線を照射し、癌細胞の死滅、縮小を促す治療法です。 効果的な治療法ですが副作用もあります。 特に皮膚への副作用が多く見られ、治療中に温泉などの入浴をしてもいいか悩む場合があります。 放射線療法中の暗線入浴について説明します。

 

 

副作用により皮膚炎の発生

 

癌が発生している部位に放射線を照射するには、皮膚を経由して照射することになります。 そのため皮膚に副作用が起こります。 放射線のより皮膚の細胞がダメージを受け、日焼けをしたときのように肌の色が赤くなったり乾燥した荒れた状態になります。 ピリピリとした痛み、かゆみ、熱感などの症状が起こり、激しい場合は疼痛なども起こします。 表面の皮膚が薄くなり、バリア機能が低下するので、外的刺激を受けやすくなり、わずかの刺激で割けたりはがれやすくなります。 しかし治療を終了すると、皮膚の底部の細胞がわずかでも残っていれば再生し回復します。

 

 

皮膚炎が発生している時の温泉入浴

 

皮膚炎の状態が激しい場合を除いては基本温泉は問題ありません。 むしろ温泉に入浴することは障害を起こした皮膚にたくさんのメリットがあります。 皮膚を清潔に保つことができます。 放射線により抵抗力が弱くなった皮膚は感染力も低下しています。 清潔にすることが感染の防止になります。 また皮膚炎には患部の清潔が大事です。 その後の皮膚炎の悪化を防ぐことができます。 その他には気分をリラックスする効果があります。 治療中の方はどうしても気分が暗くなりがちです。 温泉に入ることで気分を落ち着かせることができ良い気分転換で、その後の治療にも積極的に臨むことができます。

 

 

入浴時に注意すべきこと

 

ただし入浴時に注意することがあります。 まずあまり刺激の強い温泉には入らないことです。 出かける前に温泉の成分などを問い合わせて入浴する必要があります。 また入浴時は強く洗らわないことです。 石鹸をつけてゴシゴシ洗うのは厳禁です。 また熱いお湯は肌に刺激が強いので入浴は短めにします。 サウナも高温で皮膚に刺激が強のでお勧めできません。 そしてもう一つ大事なことは、治療部位に放射線の照射のための目印をつけています。 この印を消さないようにすることです。 この印は治療開始前に病院で綿密な検査を行い定めたものです。 とても大事な目印でこれが消えると治療計画を始めから寄り直すことになるからです。

以上のような条件を守れば温泉に入ることには問題はありません。 家族や知人と一緒に温泉に行きリラックスすることは治療を行っている人にはとても大事なことです。 憂鬱な気分を取り除き、これからの生活にも活力を与えることに繋がります。

放射線科

放射線療法中の入浴について

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。 それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。 目新しさや
優れたサービスもない。 ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。 これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿 ★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00 ~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス
湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111


Top