湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.10.23

温泉の効果を高める浸かる時間について

日本人であれば誰もが大好きな温泉ですが、その温泉の入り方をよく知っているという方は実はそれほど多くはないものです。 最近では海外の観光客の方も日本の温泉を求めていらっしゃる時代です。 入り方と効果を高める浸かる時間について知っておきましょう。

 

 

女性にとって嬉しい温泉の効果

 

温泉といえば、そのお湯の効能を見れば分かる通り、色々と体に良い効果が期待されます。 お湯によってその効能は変わってきますが、特に女性にとっては美肌の湯として有名な温泉は魅力的です。 そもそも温泉は元より、お湯に浸かるということ自体に美肌に良い効果が期待されます。 お湯に浸かると必然的に体が温められて体の代謝が活発になります。 特に冬の時期は寒さで体の代謝が落ちてしまいますので、温泉に浸かることで代謝をアップさせm結果的に美肌に導くようにしましょう。 その際に、急に熱いお湯に入ると長く浸かることが出来ませんので、ゆっくりと最初はぬるめのお湯で体を慣らしていきましょう。

 

 

温泉は頭を冷やすことも大切

 

温泉のイメージで頭にタオルを乗せてお湯に浸かっているイメージを思い浮かべる方がいらっしゃいますが、タオルを水などで冷やして頭に乗せて、頭を冷やすという温泉の入り方は実に理に適った入り方です。 温泉は気持ちが良いのでつい長い間入っていてのぼせてしまうということがありますが、頭を冷やすことで予防することが出来ます。 もちろん長い間水分補給をせずにずっと浸かるとやはりのぼせてしまう原因になりますので、程度な水分補給は大切です。 温泉施設によっては、水を浴室に持って入ることを許可している場合もありますので、自分が必要な水をペットボトルなどで持って入ると良いでしょう。

 

 

温泉効果をより多く得るためにはこまめに休憩

 

温泉に行くと、どうしてもその効果をしっかりと得ようとして本当はのぼせているのに長湯をしがちです。 お湯によっては温度が高く設定している場合もありますので、こまめな休憩が欠かせません。 時間を長く浸かっているよりは、浸かる時間は適度に短くしてのぼせる前に水分補給や休憩をしてまた浸かるという動作を繰り返す方が良いでしょう。 そのようなお湯のつかり方が出来るように、温泉施設によっては浴室に休憩出来るように椅子が置かれていたり、露天風呂でも腰掛けることが出来るスペースが設けられている場合もあります。 入浴はエネルギーを使いますので、疲れを感じない程度の時間で入浴するようにしましょう。

世界でも日本人の温泉好きは有名ですが、温泉の効果を最大限に得るためには、一度に長い時間入浴するよりも、適度に水分補給をはさみながら、こまめに休憩を取り、体が疲れない程度に繰り返し入浴するようにしましょう。

温泉浸かる

温泉の最適時間は?

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。 それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。 目新しさや
優れたサービスもない。 ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。 これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿 ★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00 ~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス
湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111


Top