湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.10.30

温泉に入る回数と効果の関係性や注意点など

入浴時にお湯を貯めてそれに入るというのは日本独特の文化であり、それに関連して温泉という素晴らしい文化が発展してきました。リラックスできる効果もありながら、それぞれの成分によって健康や美容などにも効果を期待することができます。では、入る回数を増やせば、それらの効果をより実感することができるのでしょうか。

 

 

温泉に入る回数を考える上での前提

 

温泉に入る回数といっても、それが一日の回数なのか、それとも一定期間内での回数なのか、さらには入っている時間など、様々なことを考慮にいれる必要があります。そこで、あえてそれぞれ全てを考慮にいれつつ考察していくことにしましょう。
いきなり結論から述べれば、確かに一回限りの入浴よりも、定期的に何回か入浴する方が効果を得やすくなりますが、かといって入りすぎも良くないし、そもそも得られる効果にも限度というものがあります。したがって、簡単にまとめると、常識の範囲内で定期的に温泉を利用することが、結局は一番良いということになります。

 

 

どれくらいの頻度で入ればよいのか

 

入浴する回数は、生活の環境やその人の年齢、あるいは入浴自体が好きか嫌いかといった、様々な環境に左右されることになります。たとえば、入浴が大好きな人は、1日数回入浴することがあるし、反対に入浴が面倒と思う人は、お風呂に入らないこともあるでしょう。これらを考慮すると、お風呂と温泉を同義と考えれば、1日最低でも1回入ること、時には1日数回入ること、ただし短期間に異常な回数は入らないことが前提として挙げられます。
以上のことから、一旦温泉の効果は抜きにして、単に温泉に入る回数を考えるならば、普通は1日に1~2回の入浴がベストと考えられます。しかし、経済的・時間的な制約を考慮すれば、毎日温泉に通うことは困難なので、たとえば温泉の成分が入った入浴剤などを用いることで、擬似的であるにしても、温泉の効果を毎日得ることができるでしょう。

 

 

温泉に関するいくつかの注意点

 

温泉に入るということは、自宅のお風呂に入ることと同じ行為です。そのため、リラックスすることをはじめとして、健康や美容などの効果を得るために何度も、あるいは数回温泉に入る際には、水分補給を忘れないようにしましょう。
また、温泉は浸かることが基本になりますが、成分を体に取り込むということで、飲むという行為も行われています。その際には衛生面や、一番効果が高いことなどを理由として、温泉が涌き出ている、あるいは浴槽に入り込んでいる所のお湯を飲むようにしましょう。さらに、そこの温泉が、飲むことができるお湯を提供しているのかを確認することも大切です。

温泉に浸かると非常に気持ちが良く、さらに様々な効果を得ることができます。入る回数を増やせば、得られる効果も高くなりますが、温泉に限らず何でもやりすぎは禁物なので、常識の範囲内で定期的に利用することを心掛けましょう。

温泉頻度

温泉入浴頻度は

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top