湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.03

歴史から紐解く現代の温泉

日本は世界有数の温泉好きの国だと言われています。 実際にその場所は3千ヵ所を超え、泉源も2万7千ヵ所を超えています。 今は誰でもどこでも楽しめる身近な温泉ですが、昔からそうというわけではありませんでした。 温泉の歴史を振り返りどのようにして今の温泉に至ったのかを紐解きます。

 

 

日本の温泉は古代から存在

 

温泉そのものは火山活動の盛んな地域で自然と湧き出すので、私たち人類の歴史よりも古いということになります。 では、日本ではいつごろからそれを認識し、利用していたのでしょうか。 日本の温泉の歴史は古く、なんと古代には存在していました。 日本最古の書物である「古事記」や「日本書紀」にも温泉に関する記述があります。 またその後の「万葉集」でも紹介されています。 しかし、これはあくまでも最も古い書物に記されていたということです。 もしかすると、書物が残されていないほどはるか昔から日本人が温泉を利用していたのかもしれません。

 

 

湯治場として利用される温泉

 

鎌倉時代には、武士が湯治場として温泉を利用していました。 武士だけでなく高僧も湯治をしており、これは仏教において病を退け福を招くものとして入浴が奨められていたからです。 また、江戸時代には大名が湯治していました。 このころには「御汲湯」という職業もあり、温泉地のお湯を江戸城まで運びそれをわかして将軍を入浴させるということも行っていました。 いずれの時代にも身分の高い者が利用しており、庶民にはなかなか利用できないものでした。 このころから、温泉に病気や疲れをいやす効果があると考えられ、その目的で利用されるようになっていきました。

 

 

娯楽として誰もが楽しめる温泉

 

第二次世界大戦が終わり、高度経済成長期には温泉地に多くの観光客が訪れました。 それに伴い温泉施設や宿泊施設は増加し、湯治場から観光地へと変化していきました。 そこへ向かう鉄道やバスも整備され、誰もが容易に訪れることができるようになりました。 また、そのそばに劇場などを建てたり、温泉街と呼ばれる商店街を作ったりなど、娯楽の地として観光客を集めた場所もあります。 バブルが崩壊し経済が低迷しても、温泉の魅力は人々を引きつけ続けました。 今では温泉複合施設や、一つの場所で様々な種類のお湯を利用できる場所なども作られ、ますます娯楽性の高まった場所が増えています。

日本人が温泉を利用し始めてから、今やそれは大きく変貌を遂げました。 しかし、ただ気持ちよく浸かりたいという古代の利用者の気持ちから、湯治という文化、現代の娯楽という感覚まで、そのすべての思いが今も息づいています。

歴史

武田信玄は兵の傷を癒やすために増富ラジウム温泉を開湯

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。 それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。 目新しさや
優れたサービスもない。 ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。 これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿 ★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00 ~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス
湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111


Top