湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.05

法律が規定する放射能温泉の濃度

放射能泉の定義は、法律によって決められています。 1キログラムの温泉水に、ラドンが一定量以上含まれていれば、放射能泉となります。 古来から人々が利用してきた放射能泉と規定されています。

 

 

ラドンの濃度で規定される

 

放射能泉と呼ぶためには、法律で定義しているラドンの濃度が満たされていることが必要です
。 1キログラムの温泉水に、ラドンが111ベクレル以上含まれていれば、放射能泉と表示できます。 1キログラムに111ベクレルということは、食品であれば、2017年現在の基準値である1キログラム当たり100ベクレルを超えています。 東電の原発事故が起きる前は、日本の食品1キログラムに含まれる放射線量は、だいたい0.1ベクレルくらいでした。 ラドンは気体であり、体内に入っても数時間で消えてなくなりますが、ラジウム温泉水を飲むというのは、治療のためであったとしても、医者とよく相談しながらおこなうべきことと言えるでしょう。

 

 

ラドンの濃度が濃いということは

 

ラドンは、放射能を持つ気体であり、体内に吸い込まれても、およそ数時間で消えます。 しかし、その数時間の間に、体内で放射線を出し続け、イオン化作用により細胞や血液に電離作用としてエネルギーを与えます。 また、体内の水分が電離することから、活性酸素も大量に生じます。 ラドンの吸入は、生体に負荷をかけることになります。 ラドンの濃度が濃ければ濃いほど、生体内で出される放射線の量は増えますから、それだけ強い負荷がかかるということになります。 結果的により健康になります。 健康とラドン濃度は比例すると言えます。

 

 

データの蓄積と結果の利用

 

太古の昔から、ラジウム温泉は存在し、人々が利用してきました。 その結果、ラジウム温泉につかると、健康になると信じられるようになってきているわけです。 長い時間をかけて、経験的に判断されたことですかられっきとした効果はあります。 また放射能泉による事故事例は一件もありません。

放射能泉の定義は、法律で決まっています。 放射能を持つ気体であるラドンの濃度が、一定以上であると、放射能泉となります。

また、ラジウムが一定量含有するとラドンと同じく温泉として認められますが、ラドンとは違い療養泉としては認められておりません。

放射能濃度

放射能を計測に用いられているガイガーカウンターではラドンを測定出来ません

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。 それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。 目新しさや
優れたサービスもない。 ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。 これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿 ★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00 ~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス
湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111


Top