湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.07

放射線療法とは別の、温泉健康法

がん治療に使われる放射線療法とは別に、放射性物質のラドンを含んだ温泉である放射能泉を使った健康法を用いている人々が、昔からおおぜいいます。放射線療法では、がん細胞をピンポイントで叩いて消滅させることを目指します。放射能泉の場合は、全身の健康状態改善が目的となります。

 

 

ラドンを一定量以上含む温泉

 

放射能を持つ気体であるラドンを一定量以上含む温泉は、法律で放射能泉と規定されています。放射能泉は太古の昔から存在し、古代から多くの人々が利用してきました。毒きのこと食用きのこを経験的により分けてきたように、放射能泉も多くの人の経験から、効果があると信じられてきたわけですから、それなりの効果があると期待されます。

 

 

放射線の生体への影響

がん治療の際の放射線療法では、放射線をがん細胞に照射し、がん細胞だけを死滅させることを目指しています。がん細胞だけでなく、健康な細胞にもダメージをもたらすことがネックとなっていましたが、医療技術の進歩で、ピンポイントでがん細胞だけ攻撃できるようになりつつあります。このことからわかるように、放射線とは、本来、細胞にダメージをもたらし、死滅させることもできるものです。その放射線を含む放射能泉に、なぜ健康効果があると長年信じられてきたような現象が起きていたのか、検証が進んでいます。実際に健康効果があるのかどうかについても、諸説あります。ですが現在の医学では、手術の外科的治療以外で「がん」に対して効果が実証されているのは、この放射線療法のみしかありません。

 

 

ラドンへの過剰な懸念が広がっている

欧米では、ラドンを継続して吸入することには、健康に害があると懸念が広がっています。米国では、不動産取引の際に、ラドン濃度の測定が義務となっているほどです。ラドンは、ウランの多い土壌から特に発生しやすくなっています。そうした土壌に建つ建物に住むことは、避けるべきだとする考えが広まりつつあります。過ぎたるは及ばざるがごとしと言うことに過ぎないのか、それとも微量であっても、ラドンの吸入は避けるに越したことはないのか、という人類の生活基盤まで否定する馬鹿げた放射線盲目恐怖症の方も実在するのも事実です。私たちは呼吸しなければ生きてはいけません。ラドン温泉の6倍から30倍ものラドンが含まれる空気を生きていく上で吸わなければならない事実から目を背けている行為なのです。

がん細胞を死滅させるために放射線療法が用いられることからも明らかなように、放射線は細胞にダメージをもたらします。ですので、正しい放射線の知識を得るようにしなければ、人間の体内にも膨大な放射線をもつ元素も存在します。放射線がなければ最低限の生活も出来ないのが現状の環境です。放射線自体を怖がらず、正しい知識を得ていただくよう切にお願いいたします。

放射線影響

放射線による被ばくは、ラドン温泉と比較しても医療被ばくは莫大な量です

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top