湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.07

放射線療法のあとの入浴と回数

放射線療法中、および治療終了後の入浴は、医師と相談し、その指示に従っておこなうことが大事です。一般的には、ぬるめのお湯にすること、刺激の強い温泉水は避けることなどが注意事項となるようです。体力を消耗させないことが大事だとされます。

 

 

放射線療法と温泉入浴

 

放射線療法を受けているさなかに、温泉に出かけて入浴する場合は、事前に担当医に相談することが望まれます。放射線治療は、外科手術や化学療法に比べて、体への負担が少ないほうですが、やはり細胞を傷つける放射線を大量に浴びるわけですから、何らかの影響はあります。治療中もその後も、体力の消耗を防ぎ、なるべく体に負荷をかけない生活をすることが望ましいでしょう。温泉は、刺激の弱い泉質なら問題ないとされることが多いです。ただ、逗留中に温泉に入る回数には気をつけたほうがいいでしょう。温泉疲れという言葉もあります。回数は少なめにしておくのが無難でしょう。

 

 

放射線のもたらす影響

 

ベーター線ガンマー線などの放射線は、細胞の核にあるDNAを切断します。DNAは鎖状につながって存在しており、細胞の設計図がそこに書き込まれています。DNAが切断されるということは、細胞が設計図を失うということです。細胞は、常に生まれ変わっていますが、新しい細胞は、細胞分裂によってつくられます。細胞分裂をする際に必要なのが、細胞の設計図です。設計図がないと、新しい細胞がつくれません。設計図を失った細胞は、免疫細胞によって破壊され、体外に排出されます。

 

 

放射線を浴びたら、回復させることが大事

 

放射線を浴びたら、免疫システムが、設計図を破壊された細胞をきちんと排除できるよう、負荷をかけずにその作業に専念させることが大事です。がん化する可能性のある細胞を排除するので精一杯の免疫システムに、更に余計な負荷をかけると、がん化する細胞が残ってしまう可能性があります。そのため、放射線治療を受けたら、しばらくは安静にしておくのが無難です。刺激の強い温泉につかったり、熱い湯に入ったり、何度も入浴して疲労したりするのは避けましょう。主治医に相談し、許可された範囲のことにとどめておくのが大事です。全身の免疫システムをイメージすることが、求められます。

放射線治療中は、できるだけ体に負担をかけず、体力を消耗させないことが大事です。温泉に旅行に行くとしても、必ず主治医に相談し、刺激の弱い泉質のところを選ぶなどすることが望まれます。入浴は体力を要することだと、認識しておきましょう。

放射線療法

放射線療法

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top