湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.10

糖尿病の治療におすすめの温泉

食の欧米化などにより、生活習慣病になってしまう人は多く、特に糖尿病は以前から患者数は多く、一度なってしまうとその改善にかなりの労力を要するなど大変です。こうした糖尿病の治療に役立つであろう温泉が存在しています。

 

 

糖尿病治療に温泉が有効な理由

 

温泉に入ることにより、体が温められ、基礎代謝量なども上昇します。上昇すればそれだけ多くのエネルギーが必要となり、その結果、血糖値が下がることが指摘されています。そして、血流が良くなれば、インシュリンもうまく効き、新陳代謝も良くなるため、湯治をすることで改善が期待されます。

また、温泉旅行の際にはよく歩くことも大切です。歩くことにより、代謝も上がり、さらにその効果を高めることができます。後は食事に細心の注意を払い、ハメを外さないようにすれば温泉に入るだけでかなりの効果を上げることができるようになっています。

 

 

一般的適応症に糖尿病が追加される

 

一般的適応症とは、すべての温泉で効能があるとされた疾病などのことであり、環境省が定めることになっています。糖尿病は2014年に追加され、どの温泉に行ったとしても温泉に浸かるだけで効能を得ることができるという、いわば国からのお墨付きを得たような形となっています。

他にも一般的適応症として、軽い高血圧、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状、冷え症、胃腸機能の低下などがあります。これは泉質に関係なく、温泉に浸かれば改善が期待される症状ということです。反対に禁忌症というのもあり、熱のあるときなどは当然ながら避けなければなりません。

 

 

糖尿病におすすめなのは炭酸温泉

 

温泉の中でも効果的なものとしてあげられるのが炭酸温泉です。炭酸泉には亜鉛とマンガンが含まれていますが、これに血糖値を下げる作用があり、ほとんどの炭酸温泉に該当する酸性泉にはインシュリン作用を高める効果が期待されています。つまり、これら2つのメリットを享受できるのが炭酸温泉であり、旅行などで数日間浸かっていれば、それだけでもかなりの効果が期待できます。

気をつけたいのは酸性泉は肌への刺激が強く、肌が弱い人には注意が必要です。高齢者の皮膚乾燥症は泉質別禁忌症に該当しており、無理に入って肌へのダメージが加わるような形は避けたいところです。

糖尿病の改善を図るにはまずはしっかりと入浴することが大事です。ただ、家だと家族の都合もあるため、なかなか長い時間は入れません。温泉であれば、気兼ねなく入ることができるため、時間を見つけて旅行に出かけるなどのことが大切です。

糖尿病2

糖尿病患者の代表的例(次第に壊死が進行していく)切断も覚悟して

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top