湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.01.26

電離作用でイオン化する現象が利用できる湯~とぴあ

湯~とぴあは、ラドン温泉で有名な温泉施設です。ラドンは放射能を持つ気体で、吸い込むとラドンの放つ放射線の電離作用で、体内の水分はイオン化されます。その結果、巡り巡って生体の回復力がアップし、健康効果が得られるという説があります。

 

 

ラドンを吸い込むことの影響

 

ラジウム温泉は、古来から多くの人々に愛用されてきました。熱いお湯が出るというだけでは、これだけ多くの人々が昔から足を運ぶということにはなっていなかったでしょう。ラジウム温泉は、ウランを含む土壌から噴出します。ラジウム温泉からはラドンが発生しており、それを入浴時に吸い込むことで、ラドンは肺からやがて全身へと運ばれます。ラドンはおよそ3時間程度で体内から消えてなくなりますが、それまでは放射線を出し続け、細胞を傷つけます。電離作用によって、体内の水分を電離させ、大量の活性酸素を発生させもします。その結果、生体の防御機能が活性化されます。

 

 

抗酸化力を上げ、免疫力もアップ

 

ラドンが放つ放射線によって体内の水分が電離し、その結果大量の活性酸素が発生すると、生体に備わっている抗酸化の仕組みが働き出します。常に抗酸化の仕組みが働いているに越したことはないのですが、必要に迫られると活性化するということがあるようです。抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを摂取するのも効果があることではありますが、生体の抗酸化の仕組みを活性化するほうが、高い抗酸化力が得られるとされます。ラドンはおよそ3時間ほどで消えますので、ラドンによってもたらされた不都合な状態を、活性化した生体の抗酸化力や免疫力で、元に戻せる可能性は十分あると考えられます。

 

 

生体防御力が高まった状態

 

活性酸素や、傷ついた細胞の処理が終わったら、すぐに生体の防御力が元に戻るというわけではなく、しはらくは活性化した状態が続くために、ラドンをたまに吸い込む程度であれば、かえって健康状態が良くなることもある、というふうな考え方もあります。大昔からラジウム温泉を、人々が好んで利用してきたのも、こうした効果があったからである可能性があります。まだ科学的な検証は済んでいません。ラドンの継続吸入には、欧米では警鐘が鳴らされるようにもなっています。そのため、ラドンの量には注意を払う必要があり、湯~とぴあではラドン発生装置を用い、ラドンの量を常に一定に保っています。

 

ラジウム温泉で発生する気体のラドンを吸入することで、人々は大昔から、健康効果を得られたと感じてきたようです。しかしラドンは放射性物質であるため、吸入する量は明確にしておきたいところです。ラドン発生装置を用いる方法なら、ラドンの量を一定に保てます。

イオン化作用

イオン化作用は電離作用とも呼び物質を活性化します

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top