湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.12.21

湯~とぴあのラドン温泉の定義とは?

温泉は、地中から吹き出した温水のこと、水蒸気の場合もあります。いろいろな成分が含まれていて、浸かることでさまざまな効果があります。中には飲むことができるものも存在します。日本では温泉法というもので定義されています。

 

 

ラドン温泉と言えるのは

 

ラドンは、無味無臭、無色の気体です。その気体が温水中や空気中に含まれているものがラドンです。ラドンガスを人工的に安全な濃度に一定に保って送ることで人工的に作り浴槽へ送っているものをラドン温泉と言います。ラドンを含有する天然温泉は、放射線を放つ放射性同位体なため放射能泉に分類されます。放射線といっても人体に悪影響になるようなものではなく、小さな量であるため健康に寄与することが確認されているホルミシス効果があると言われています。皮膚呼吸を通して体内に入って脂肪に溶け込みます。温泉の温度が高いことや皮膚の血流が多い方ことで吸収率を高くする効果があります。

 

 

ラドン温泉の分類とは

 

源泉において111ベクレル以上濃度あるラドンを含む温泉は、浸かることで微弱な放射線を体に当てて治療の目的に利用することができます。そのような温泉のことを療養泉と言います。療養泉は、温度が25度以上で、療養効果がある物質を含んでいる必要があります。そのうち放射能泉は、主成分である気体のラドンの含有量が、百億分の1キュリーの単位で20以上である必要があります。天然温泉は別名ラジウム温泉と呼ばれていて、ラドンの他別の放射性元素も幾種類も同時に含有するものになります。天然温泉に生まれたてのラドンのみを送った温泉が体への効果が高く、健康に良いと言われている効果が相乗的に大きくなると言われ、これが(天然)ラドン温泉と言われています。あまり高温にしていない状態でも十分に発汗効果が期待できます。

 

 

湯~とぴあの温泉の効能

 

湯~とぴあのラドン温泉は、痛風や血圧降下、循環器障害の改善などの効能があると言われています。皮膚を通して体内に吸収されたあと、血液によって全体を巡ります。その時に脂肪の多い臓器に多く集まる性質があります。特に脾臓、皮下脂肪、副腎皮質、赤血球などに多く集まります。また関節のリウマチや運動による疾患の痛みを和らげることがあるとも言われています。これはラドンが脂質が多い髄鞘と呼ばれる神経に溜まって作用するためと言われています。脂肪に吸収された時に放射線によって細胞に健康的な影響を与えます。他放射線と違い、体内に吸収されたラドンはだいたい3時間ぐらいで体外にすべて排出されます。

 

ラドン温泉は、その成分がさまざまな効果があるとされて人工的に温水に含ませています。一般的な温泉の温熱効果だけではなく、ラドンの化学的作用を利用しています。その相乗効果によって人気が高い温泉の一つです。

発汗3

ラドン温泉では健康な人ほど早く発汗がはじまります

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top