湯~とぴあ

ご予約はこちら RESERVATION
2017.12.11

放射線のエネルギーによるイオン化作用が利用できる湯~とぴあ

山梨県甲斐市の温泉施設、湯~とぴあでは、ラドン温泉が大人気です。ラドンは放射能を持つ気体で、吸い込むと、ラドンが放つ放射線エネルギーがイオン化作用をもたらし、生体の水分が電離し、生体の防御力が活性化されるという見方があります。

 

 

大昔から愛用された温泉

 

山梨県甲斐市の温泉施設、湯~とぴあでは、ラドン温泉が好評です。ラドンは、ラジウム温泉で発生する気体でもあり、大昔からラジウム温泉を利用してきた先人たちが、入浴のたびに吸い込み、その結果を周囲に知らせ、また周囲が感じ取り、現在のラジウム温泉の利用に至っているという現実があります。いにしえの頃からの経験によって現在の利用状況があるわけですので、人々が利用したがるのは自然なことでしょう。

 

 

ラドンの量を一定に保つ

 

天然ラジウム温泉でもラドンは発生します。ただ、天然温泉だとラドンの量が安定しません。湯~とぴあでは、ラドンの量を明確にし、かつ一定にするため、ラドン発生装置を用いて、生まれたてのラドンガスを浴槽内にラドンを送り込んでいます。これにより、吸い込むラドンの量がはっきりとわかり、入浴時間や入浴頻度を決めやすくなります。

 

 

放射線エネルギーの影響

 

ラドンは、放射性物質の中で、比較的早く放射能が消滅する物質です。生体内に吸入されても、およそ3時間ですべて排出され消えてなくなります。放射性物質の中には、吸い込んだら生涯体内にとどまり、放射線を出し続けるものもあります。放射線が持つエネルギーで、体内の細胞は傷つき、また、体内の水分はイオン化します。イオン化とは、電気的に中性な状態からプラスかマイナスの電気を持つ状態になることです。イオン化すると、大量の活性酸素が生じます。それをなんとかしようとして、生体の抗酸化の仕組みが動き出し、結果的に全身の健康状態が改善するという見方があります。

 

法律で規定された放射能泉には、放射性物質であるラドンが一定濃度以上含まれています。放射能を持つラドンが、なぜ健康状態を改善する場合があると信じられてきた現実があるのかについては検証中で、結論はまだ出ていません。ただ、太古の昔からの経験によるものであり、放射能泉には依然として人気があります。

放射能泉1

放射能泉は日本各地にあります

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111