湯~とぴあ

ご予約はこちら RESERVATION
2017.12.07

ラジウム温泉のラドン濃度と湯~とぴあ

ラジウム温泉からは、放射能を持つラドンが発生しています。ラドンの濃度が法律で決められた数値以上になると、放射能泉と称することができます。湯~とぴあは、ラドン温泉として有名な施設であり、多くの利用者が訪れています。

 

 

ラドンの濃度が一定に

 

日本は世界各国と比較した場合、ウランを含む土壌が少ないため、ラドンが多いほうでは決してありません。そのため、ウランを含む土壌から噴き出すラジウム温泉の数も、多くはありません。その数少ない日本のラジウム温泉は、古来から人々に愛用されてきました。ただ、天然温泉であるため、発生するラドンの量は一定ではありません。人体にとって、より適当と考えられる量のラドンを調節して、定量を送り込んでいるのが、湯~とぴあのラドン温泉です。ラドンは放射能を持つ気体ですから、濃度の目安がついたほうが、利用するうえで安心です。

 

 

ラドンが人体に及ぼす影響

 

ラドンにはアルファ線という放射線があり、肺に吸入されて全身を巡る過程でも放射線を出し続け、細胞へ熱や電離作用を与え続けます。ラドンの出す放射線は紙をも通過させない極めて弱いものですが、生体内の水分を電離させます。そうした刺激によって、生体の防御機能が活性化し、免疫システムはフル稼働し、抗酸化の仕組みにもスイッチが入り、放射線によって受けたダメージを補って余りある状態となり、かえって健康になるという説があります。古来から人々が、ラジウム温泉につかると元気になるという感触を得て、現在に至っているわけですから、そうした効果がある可能性は比較的高いと言えるでしょう。

 

 

ラドンの娘元素には要注意

 

ラドンは紙をも通過しない極めて透過性の弱い放射性物質であります。放射性物質の出すアルファ線によって、物質はイオン化作用をもたらします。吸入する量というよりは、吸入するタイミングに気をつける必要があります。米国では、住宅を取引する際、ラドン濃度の測定が義務づけられています。ラドンより変化する娘元素を毎日吸い込むのは、問題があるとされているということです。もともとラドンガス自体は3時間も経過すれば99.2%ほぼ全て排出します。このラドンから変化して生まれるポロニウムというアルファ粒子が呼吸で吸い込むと健康を阻害すると言われております。もともとポロニウムはニコチンとも結び付きやすく肺や気道に蓄積しやすい傾向を問題視されているわけであります。ラドンは生まれてから3.8日経過すると自ずと別の元素に変わってしまいます。それ故、生まれたての新鮮なラドンであればさらに安全であるといえます。ラドン温泉を利用する際にも、ラドンの量がいかほどであるのか、わかったうえで入浴できる環境が望ましいでしょう。天然ラジウム温泉よりも、ラドンの量が調節された温泉のほうがいい、ラドンが生まれたての新鮮の温泉がより安全だと考え、利用する人も多いです。

 

湯~とぴあでのラドン温泉では、ラドンの濃度が一定になるように調節されています。そのため、吸入するラドンの量が把握しやすく、入浴頻度などをコントロールしやすくなっています。日帰り入浴も可能ですし、併設されたホテルに宿泊して利用することもできます。

血液の流れ

血液の流れをイオン化作用により非常に改善します

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111