湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.12.12

湯冷めしにくい湯~とぴあの温泉はぽかぽからんど

山梨県甲斐市の温泉施設、湯~とぴあで入浴すると、湯冷めがしにくく、芯から温まり、まさにぽかぽからんどであると好評です。湯~とぴあのラジウム温泉やラドン温泉から発生するラドンが、生体機能を活性化するためであるとも考えられます。

 

 

体がぽかぽかして湯冷めしにくい

 

温泉につかると、普通のお湯で入浴するよりも、一般的に湯冷めしにくいと言われています。そのため、温泉の成分を粉末にして、家庭のお風呂に入れて利用することもあるほどです。湯~とぴあで人気のラドンは、気体であるため、生まれたてのラドンを吸入するためには、温泉に行って利用することとなります。家庭環境にあるラドンに比べ、ラドンである寿命がまるまる4日もあるためです。ラドンは放射能を持つ気体であり、吸入すると、免疫システムが活性化すると言われています。

 

 

抗酸化力も高まる

 

ラドンの出す放射線で、体内の水分が電離し、その結果大量の活性酸素が発生することで、生体に備わっている抗酸化の仕組みも活性化されると言われています。放射線で細胞が傷つき、活性酸素が大量発生するという事態は、生体にとってただならぬことであり、通常は、体の防御システムがフル活動し始めます。インフルエンザウィルスが侵入すると、ウィルスを死滅させようとして、急激に高熱が出るのと似た面があります。免疫システムは、傷ついた細胞を排除し、活性酸素は抗酸化の仕組みによって除かれます。そうした生体の防御力を活性化させることが、人間本来が持つ免疫力向上や健康増進につながるのです。

 

 

体温は高いほうがいい

 

体温は、ある程度高い方が、健康でいられます。日本人の平熱は、下がってきつつありますが、本来なら36度以上はほしいところです。免疫システムが活躍しやすくなるからです。40度前後の高熱が続くと、体力を消耗しますから、その状態は短期間にとどめるべきでしょう。しかし、免疫システムがフル稼働しているための高熱ですから、無理に下げることはありません。正常な状態なら、免疫細胞が必要な役割を果たし、危機を脱したら、熱は自然に下がります。温泉に入って体温を上げるのも、望ましいことです。ただ、ずっと入りっぱなしというのは、体力の消耗につながりますから、避けるべきです。

 

温泉に入ると、体の芯から温まり、体温が上昇して、健康効果が得られやすくなります。温泉には泉質によって、他にもさまざまな効果があるとされます。大昔から人々が利用し、経験的に、健康改善が得られると判断してきたわけですから、信ぴょう性があります。

ぽかぽか4

ぽかぽからんどはラドン温泉

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top