湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.28

高温湯が好きな高齢者にも好評の湯~とぴあについて

家のお風呂の設定温度は38度から40度が適温と考えられていますが、高齢者の場合にはこの温度ではぬる湯と感じ、42度以上の高温湯を好む人が多くいます。
しかし、高温湯に入ると血圧の上昇などが生じやすくなる事からも注意しなければなりません。

 

 

高齢者が高温湯を好む理由と対策について

 

高齢者は熱いお風呂を好む人が多いと言われています。
高温湯の入浴は、脳内麻薬とも言われている、β-エンドルフィンが分泌され、多幸感をもたらすため、熱いお湯を好む高齢者が多い事、加齢による感覚機能の低下によるなどの説があります。
しかし、入浴しているお風呂が熱いなどの自覚がない場合でも、血圧は上昇する事になり、脳卒中や心筋梗塞の原因に繋がるので注意が必要です。
これは温泉なども同じ事が言えますが、温泉の場合は泉質に応じての保温効果があるので、高温湯の温泉などに入浴する場合には短時間で入浴を済ませるなどが必要です。

 

 

高齢者にもぬる湯の温泉がお勧めの理由について

 

高齢者は高温湯を好む人が多いのですが、温泉には身体の芯から温める作用があるので、ぬる湯の温泉を選ぶのがお勧めです。
ぬる湯の温泉でも、一定時間入浴をする事で身体の芯から温めてくれますし、温泉に含まれている成分の作用により保温効果もあります。
高温湯の温泉が好きな人にとって低温度の温泉はぬるく感じるかと思われますが、適温の温泉に入ると血管が広がり、血流が良くなるので血圧を下げる作用もあります。
そのため、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを防止する事にも繋がって来ます。
ちなみに、ラジウム温泉やラドン温泉は放射能泉で、身体の中に吸収される事で様々な効能を期待する事が出来るので高齢者にもお勧めです。

 

 

適温のラドン温泉の健康ランドや宿泊施設です

 

湯~とぴあはラドン温泉の日帰り温泉とビジネスホテルの施設です。
尚、湯~とぴあの源泉温度は39.5度で、一般的に適温と言われている温度で、高温度の温泉を好む高齢者などにも人気を集めています。
ラドン温泉には大浴槽や水風呂、別室のラドン浴場などの構成になっており、飲泉としても利用する事が出来るようになっています。

 

年齢を重ねると高温湯を好む人が多くなりますが、熱いお風呂は高血圧にも繋がり、脳梗塞や脳卒中などを引き起こす可能性が高くなるので注意が必要です。
湯~とぴあのラドン温泉は適温と言われている温泉で、血圧を下げてくれる作用もあるので高齢者にもお勧めです。

高温注意

身体に良いのは高温泉ではなく、39度程度の温泉です。

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top