湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.28

高温湯温泉と高血圧の関係、ラドン温泉の湯~とぴあについて

国内の温泉には高温湯と低温湯の2つの種類があります。
熱めのお湯が好きな人は高温湯を選びたい、熱いのが苦手な人は低温湯を選びたいなど、温泉の温度の好みは千差万別です。
尚、温泉の温度は源泉からのお湯を加温している場合と水を入れて冷ましているなどがあります。

 

 

高血圧症に良いと言われている温泉について

 

温泉に入ると身体の芯から温まりますが、これは温泉に含まれている成分が血流を高めるため、保温効果を得る事が出来るからです。
ラドン温泉などの場合、短い時間の入浴だけでも、身体の芯からポカポカの状態になりますし、浴室から出た後も汗が出て来るなどの効果を持ちます。
血流が高くなると同時に血圧にも変化が生じるのが温泉の特徴です。
身体が温まると血管が広がるため、血流が良くなる、これにより血圧が下がるため、高血圧症の症状を持つ人などが温泉に入る事で、血圧を正常な状態に導きやすくしてくれるわけです。
ちなみに、高血圧症の人に良いと言われている泉質を持つ温泉には、二酸化炭素泉、硫酸塩泉、硫黄泉、そしてラドン温泉などの放射能泉などがあります。

 

 

高血圧症の人はぬる湯がお勧めです

 

温泉の中には源泉温度が高温度のものや、源泉温度が低いので加温しているものなどがあります。
高温度の温泉の場合は、そのままで入浴が難しい場合は水を使って適温まで下げていますが、高血圧症の人などは高温度の温泉に入ると逆効果になるので注意が必要です。
一般的に、高血圧症の人は37度から40度などのぬる湯の温泉を選ぶのが良いと言われており、ラドン温泉などは比較的低温度の温泉なので高血圧症の人でも安心して入浴する事が出来ます。
ちなみに、40度程度のぬる湯に入ると、副交感神経が刺激され、心身がリラックス状態になります。
これにより、血圧が下がり、脈はゆっくりと動くようになり、筋肉も緩むなどの作用が期待する事が出来ます。

 

 

湯~とぴあの温泉の源泉温度は39.5度

 

山梨県の湯~とぴあはビジネスホテルと健康ランドが融合したラドン温泉施設です。
湯~とぴあの温泉は、採掘965メートルで自噴している源泉を汲み上げているもので、源泉温度は39.5度のぬる湯です。
汲み上げた天然温泉を加温無しにてそのまま、浴槽にはラドンを加えて入浴する事が出来るようになっています。
ちなみに、ラドン含有量は1.02マッヘで、人工ラドン発生装置を利用して浴槽に送り込むのが特徴です。
ラドン温泉は比較的低温湯になっているので、高血圧症の人にも安心して入浴が出来ます。
尚、健康ランドは日帰り入浴として利用する事が出来るので、山梨県への観光などで訪れた際には一度立ち寄って見ては如何でしょうか。

 

高血圧の症状を持つ人は高温度の温泉に入ると血圧が上昇するなどのリスクがあります。
これに対して、ラドン温泉は低温度が多く、ぬる湯に入浴する事で血管の拡張作用、血液の循環が良くなる作用、そして血圧を下げる作用を期待する事が出来ます。

高血圧

高血圧には高温湯には注意

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top