湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.27

温泉「湯~とぴあ」の泉質の種類

疲れが溜まってしまったとき、温泉に浸かってゆっくりと疲れをいやしたいと感じる人は多いのではないでしょうか。
温泉によってその泉質や効能が違うと言われていますが、いったいどれくらいの種類があるのでしょうか。

 

 

温泉の泉質と種類の分け方

 

ひとくちの温泉と言っても、その温度や色、お湯の肌触りなど、温泉によって全く違います。いったいどれだけの泉質の種類があるのでしょうか。
温泉の泉質は、そこに含まれている化学成分とその含有量によって決まります。大きく分けると10種類です。
単純温泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉、含鉄泉、その他にも5種類あります。
単純温泉というのは肌触りがさっぱりとしている温泉で、入ると体がツルツルになるのが特徴です。アルカリ性が強ければ強いほど、体がツルツルになると言われています。
硫黄泉というのはその名の通り硫黄が含まれており、匂いが強いのが特徴です。

 

 

湯~とぴあの泉質とは

 

山梨県甲斐市にある「湯~とぴあ」の泉質は炭酸水素塩泉と呼ばれる泉質で、他に放射能泉と呼ばれるものがあります。別名ラジウム温泉を医学的に利用可能にした「ラドン温泉」とも呼ばれ、こちらの呼び名の方が聞き馴染みがあるという方も多いでしょう。
放射能と聞くと、人体に悪い影響があるのではないかと心配になってしまいますが、もちろんそんなことは決してありません。
お湯に含まれる放射能はごく少量で、レントゲン撮影のときに浴びる放射線量より少ないと言われていますし、少量の放射能はむしろ体に良い影響をおよぼすということが検証されています。
血液を綺麗にし、肩のコリや痛みの原因となる老廃物を流してくれると言われています。

 

 

湯~とぴあで期待できる効能

 

では、具体的にはどんな効能があるのでしょうか。
ラドンは血液中や体内の組織に作用して老廃物を流してくれます。つまり、中性脂肪やコレステロール、糖質などの除去を促進するのです。代謝が促進されるので、入浴してから短時間で体がぽかぽかと温まり、湯冷めもしにくいです。
具体的な効能としては、じんましん、糖尿病、関節リウマチ、むちうち、高血圧症、気管支炎、喘息、痔、椎間板ヘルニア、各種神経痛などがあげられます。内蔵系や呼吸器系の病気まで、幅広く効能があると言われているようです。
珍しい効能としては、夜尿症にも効能があると言われています。

 

温泉にもたくさんの泉質や種類があり、その効能は様々です。
中でもラドン温泉は血液中や体内組織に作用するため、多くの効能が期待できます。ゆっくりと温泉につかることで、体も心も疲れをいやすことができるのではないでしょうか。

泉質

泉質は10種類、湯~とぴあでは2種類の泉質を別々に体感出来ます

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top