湯~とぴあ

ご予約はこちら RESERVATION
2017.11.25

電離作用で健康が促される湯~とぴあ

山梨県甲斐市の温泉施設、湯~とぴあでは、ラドンを定量発生させ、浴槽へ送り込むという方法で、ラドン温泉を提供しています。ラドンの量が常に一定であるため、計画的に健康増進に向けて利用していくことができます。

 

 

ラドンの出す放射線の電離作用

 

山梨県甲斐市の温泉施設、湯~とぴあは、ラドン温泉で有名です。ラドンは、放射能を持つ気体であり、吸入すると肺に入って、やがては全身を巡ります。その過程で、生体内の細胞は、ラドンの出す放射線で傷つき、また、生体内の水分は電離します。電離することで、大量の活性酸素が生じます。活性酸素は有害物質です。つまり、ラドンを吸い込むことで、生体は緊急事態となるわけです。ただ、ラドンはおよそ3時間ほどで生体から消えてなくなります。生涯にわたって体内にとどまり、放射線を出し続ける放射性物質もありますが、ラドンはそうではありません。

 

 

活性化する生体の防御機能

 

ラドンを吸い込むと、生体は緊急事態に陥り、防御機能が活性化します。およそ3時間でラドンは消えるものの、防御機能が活性化した状態は続くため、ラドンによってもたらされた事態が収拾されたあとは、かえって健康になるという見方もあります。筋肉トレーニングで、筋繊維を傷つけては修復を促すということを繰り返すことで、筋肉増強を図っていくのと似たような考え方です。

 

 

ラドンの量をコントロール

 

ラジウム温泉でもラドンは発生していますが、天然温泉だと、ラドンの発生量が一定にはなりません。湯~とぴあは、ラドン発生装置を使って、ラドンの量を一定にして浴槽に送り込んでいます。ラドンは放射性物質ですから、コントロールしながら利用するほうが好ましいでしょう。ラドンの量もきちんと把握できますから、温泉を利用する頻度も決めやすくなります。

 

山梨県甲斐市の温泉施設では、ラドン温泉が利用できます。ラドンには、電離作用があり、それが巡り巡って生体を健康にするという説があります。生体に少々負荷をかけ、生体が本来持つ防御力や回復力をアップさせるという考え方です。

電離

電離作用が一番強い元素

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111