湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.04.15

ラドンがもたらす乳がんへの効果

ラドン温泉という名前は聞いたことはあるけれど、一体どのような成分で、自分の体にどのような影響をもたらすのかわからないという人は多いでしょう。医療で注目されているラドンと健康の結びつきについて紹介します。

 

 

ラドン温泉とはどんなものなのか

 

無味無臭、そして無色の気体であるラドンは放射能泉として扱われており、温泉成分に使用されていることが多いです。安全性が確認されている、一定の濃度に保たれたラドンガスを送った温泉です。そして良く似ている、ラドンを含む天然温泉は、昔からラジウム温泉と呼ばれています。ラドンは皮脂に溶けやすく、皮膚表面から体内へ取りこまれて全身を巡ります。体内の様々な部分に作用し、腎機能を高めたり、関節リウマチの症状を改善させる効果があると言われ、医療現場でも注目を集めており、日本を始め世界中で療養用のラドン温泉や泉の施設が存在しています。

 

 

乳がんに効果があるとされる理由

 

ラドンは体の至る所へ症状改善の効果があることは前述の通りですが、女性特有の乳がんにも、吸入することによって有効性が確認されています。乳がん治療のためにラドン吸入器が使われたり、治療法として医師が勧めて改善している事例が多数あります。一般的に放射能は有害だと言われていても、少量であれば逆にがん治療に役立ち、ラドン温泉や泉付近で生活をしている人は健康的だと言われています。これを放射線ホルミシス効果と呼び、知らないうちに体へ有益となっています。乳がん患者でなくとも、将来のためにリスクを最小限にできる期待も込めて、女性には強い味方と言えるでしょう。
また、ガンに有効な手段は現段階では「放射線療法」しかありません。ラドン療法は放射線療法のうちアルファ線療法といわれる治療法の一種なのであります。アルファ線の持つ強い電離作用を利用した療法なのです。

 

 

ラドン温泉に行って健康的になろう

 

世界中でラドン温泉の効能は認められていますが、その中でも日本での療養施設が多いです。北海道から九州まであり、都心で暮らしているとなかなか温泉まで遠いと思いつつも、茨城や山梨、栃木などの関東甲信越にもたくさん泉があります。医療施設で勧められて行く人もいれば、自ら健康のために調べて旅行代理店を通じて申し込む人など、様々な人から需要があります。観光も兼ねて旅行として出かけると、趣味と健康を同時に叶えることができるでしょう。もちろん温泉に入れなかったとしても、放射線ホルミシス効果の恩恵を受けて、施設の近場を観光してみるだけでも良いです。

 

放射能泉として全国各地に施設を設けるラドン温泉は、体内を巡り、様々な疾患に効果をもたらします。特に乳がんを初めとするがん治療や予防においても、医師が勧める程症状改善が期待されており、旅行気分でストレスなく治療を受けることができます。

乳がん3

乳がんと向きあう温泉

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top