湯~とぴあ

検索
2018.04.04

肺がんに効果のある湯治体験談や治療中の方からの報告も

湯治とは、病気回復や疲労回復を目的として温泉療法の事で、まだ医療が発達していなかった古来より受け継がれている方法です。現在でも温泉療法として多くの方が行っている療法で、肺がんや大腸がんなどのガンにも効果があるとされている療法です。

 

 

太古から行われていた湯治

 

日本では医療が発達していなかった古来より、病気を回復させる方法として温泉療法が行われてきました。これを湯治と言い、最低でも1週間温泉療法を行う事で治療をしていました。歴史的著名人でもある武田信玄も、兵士の傷を癒やす目的として温泉療法を用いていたことは有名で、豊臣秀吉も長生きの秘訣として湯治を行っていました。

湯治が行われる温泉には、湧き出る泉質により様々な効能を発揮し、様々な病気治療に温泉療法を用いる人も少なくありません。湯治の体験談は人により異なりますが、現在でも様々な人が効果を実感し、実行されています。

 

 

肺がんにも効果がある温泉療法

 

泉質により効能が違う温泉は、肺がんなどのがん治療として湯治が行われる事も珍しくありません。そんな温泉の一つにラドン温泉というものがあります。ラドン温泉とは、放射能を含む温泉の事で、入浴することによって毛穴から微弱な放射線が体内に吸収され、活性酸素を除去し細胞を活性化させてくれます。細胞を活性化させることにより、がん細胞を撃退する細胞も活性化させ、結果肺がんなどのがんに効果があるとされています。

過去には、乳がん切除する事なく治癒させたという体験談もあり、その効果は万人の病にも効果があるとされ、湯治を行う人も多くいるのです。

 

 

ラドン温泉が含んでいる放射線

 

ラドン温泉に含まれている放射線物質は、体に影響のない放射線です。通常放射線と聞くと体に悪影響を及ぼすのではないか、と考えられますが、ラドン温泉の放射線は自然界が放つ放射線と同じで微弱量である為、むしろ体に取り込まれる事で良い影響を与えてくれます。

大量に取り込んでしまえば悪影響となりますが、微弱量であれば体にとって良い効果をもたらすのです。これをホルミシス効果と呼びます。

微弱量であるからこそ、細胞を活性化させ、血流を良くし、皮膚細胞を活性化させる効果も期待出来ますので、病気療養だけでなく、美容目的としても効果を発揮してくれます。

 

古くから行われていた湯治は、今も昔も病気療養や美容目的として行われている、日本人には馴染みの深い療法です。温泉により効果、効能は異なりますが、細胞を活性化させるラドン温泉は万病に効く温泉として効果を発揮します。

肺がん

肺がん

 
 

 

山梨県で人気の♨ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

山梨県で人気の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

山梨県甲斐市にあるラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」は「やまなし百名湯」の温泉。ふらっと訪れる有名人も多く、健康である感動をその場で体感できる湯量たっぷり完全掛け流しの天然温泉。ケタはずれた湯治効果「万病に効く驚異の秘泉」ベスト5、温泉総選挙連続一位の温泉、【湯治では最高クラスの温泉】お宿。美・若返り・健康が一度に手に入り、同時に強抗酸化力により免疫力を高める簡易健康診断可能な温泉。また74項目もの感染対策を実施「山梨グリーンゾーン認定」施設です。

湯~とぴあ
(ライター)専門家《湯治のプロ》早川善輝
高齢者入浴アドバイザー認定上級講師/温泉ソムリエマスター・温泉分析書マスター
日本温泉気候物理医学会・温泉科学会 会員/旅行産業経営塾 卒
宿


閉じる