湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.04.01

肺気腫を患っている人の適切なの入浴方法とは

肺気腫を患っている人は息をするときに空気の通り道となる気管支や肺に障害が起きるので、肺気腫を患っている人は、呼吸がしにくくなってしまいます。そのため入浴の際にも大きな負担がかかることになるので、適切な入浴方法が大切になります。

 

 

入浴がつらいときの工夫

 

肺気腫を患っている人の中には、お風呂に入ると息苦しくてつらくなってしまうので、入りたくないというとも見られます。そもそも入浴動作というのは、お風呂まで移動し、衣服を脱ぎ、浴槽まで移動して、体を洗い髪の毛を洗います。さらに浴槽につかり、体を拭いて衣服を着ると、動作が長く、やらなければならないこともたくさんあります。
そのため自分にとってどの工程が一番つらいのかを見つけ、動作の工夫を行うことが大切です。また一連の工程はどうしても長くなってしまうため、持久力が必要となります。途中で休憩を入れたり、もしも負担が大きい場合には、入浴と洗髪を別の日にするなどの調整をするとよいでしょう。

 

 

入浴の際には道具を工夫しましょう

 

肺気腫を患っている人は、立って動くよりも座って動いた方が苦しくないので、脱衣所や浴室内に事前に椅子を準備しておくとよいでしょう。また高めの椅子を用意した方が、立ち上がる時に楽に立ち上がることができます。
また腕を上げる動作は息苦しさを強くさせてしまいます。そのため腕をなるべく上げなくても体をしっかり洗えるように、長いタオルなどを使用して体を洗うとよいでしょう。ボディブラシも有効といえます。そして髪の毛を洗う際には、息をとめることによって、息苦しさが強くなってしまいます。シャンプーハットを使って髪の毛を洗うと、楽に洗えることでしょう。

 

 

負担のかからない入浴方法を選びましょう

 

肺気腫を患っている人にとって、お風呂に入って湯気を吸い込むことは、痰を出しやすくするなどのメリットがあります。できるだけ38度から40度ぐらいのぬるめのお湯につかって、湯気をしっかりと吸い込むようにしましょう。全身を湯船につかってしまうと、胸部を圧迫して呼吸が苦しくなってしまいます。そのためみぞおちほどまでの半身浴にとどめるようにしましょう。
もしも在宅酸素療法を行っているときには、入浴中も酸素を吸入した方がよいでしょう。基本は半身浴とし、もしも入浴中に息苦しさや動悸を感じた場合には、すぐに浴槽から上がるように気をつけましょう。

 

肺気腫を患っている人は、どの動作においても、呼吸の仕方を工夫することにより楽に動けるでしょう。呼吸と動作を合わせることによって、使用するエネルギーが少なくて済みます。入浴の際には、すべてを一気に行うのではなく、ひとつの動作の後に休憩をし、呼吸を整えてから次の動作にうつるように心掛けて、入浴を楽しみましょう。

肺気腫3

肺気腫の進行はラドン温泉で

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top