湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.07.24

半身浴で発汗すると血液循環がよくなります

「半身浴」は、上半身をお湯につけず、下半身だけ入る入浴法です。半身浴は体にいいと言われていますが、これは肺や心臓に水圧の負荷がかからないからです。肺や心臓が弱い方は特に「半身浴」をお勧めします。また、お湯に長時間入っていたいと思っても、全身浴ではそれほど長い時間入っていることが出来ませんが、半身浴なら肺や心臓に負担がかかりませんから、それが可能になります。そしてゆっくりとお湯につかることで、身体の芯から温まることができ、全身の血液の循環が良くなります。

 

 

半身浴で汚れがしっかり落ちてツルツル美肌へ

 

半身浴は、長時間お湯につかることで、体が急激に温まるのではなくゆっくり、じわっと温まっていきます。ですから、ゆっくり、じんわり発汗していきます。このように時間をかけることで、毛穴も時間をかけてしっかりと開いてくれます。
そして、毛穴の中に詰まっていた老廃物や汗、余分な皮脂などがゆっくりと出て行ってくれます。通常の化粧落としの際クレンジング剤や洗顔クリームなどで落ちきらないで残っていた皮脂の汚れが浮き出てくるので、それらもスッキリと落ちやすくなります。

また、ぬるいお湯にゆっくり浸かることはリラックス効果を生み出します。脳や体の緊張もほぐれるので熟睡でき、それが美肌効果につながります。

 

 

体内の毒素を排出し、血行やリンパの流れも良くなる

 

夏はよく汗をかきますから、夏は老廃物がしっかり出て行ってくれているように思いますが、実はそれだけでは思ったほど老廃物は出ていません。しかし半身浴でかく汗は、血流、リンパの流れが良くなった状態でかく汗なので、老廃物がしっかり出てくれているのです。老廃物を含んだ汗をかくために注意する点は、水分をしっかりとることです。入浴前、入浴中、入浴後に小まめに水分補給を心掛けましょう。

それから、体が冷えた状態では汗は出にくいので、特に冬場の半身浴の場合は上半身を冷やさない工夫が必要です。浴室を温めたり、上半身だけはタオルや短い上着などを羽織って冷えないようにしましょう。

お風呂のお湯の温度は38~40度くらいに設定し、20~30分間、胸の下までつかって入ります。体内の有害物質や毒素、脂肪分などを含んだドロドロの汗が出たら、お湯から上がり、体を洗いましょう。この頃には血行も良くなっているだけでなくリンパの流れも良くなっています。そのため冷え性の改善や、むくみの改善に期待ができます。

 

 

痩せやすい身体を作るダイエット効果

 

半身浴は、入った瞬間にすぐに痩せるといった魔法のような即効性のあるダイエット方法ではありません。実際半身浴の消費カロリーは決して多いものではなく、1回の入浴で約30~50kcalくらいの消費にとどまります。だから、半身浴をしたからといってすぐには痩せるわけではありません。

しかし、半身浴で血行が良くなり、老廃物が排出されれば、巡りの良い体になります。これを繰り返すことで、老廃物などがたまりにくくなります。その結果痩せやすい体へと体質が変化していき、知らず知らずのうちにダイエットできていたという結果を手にすることが出来ます。

 

半身浴は、下半身だけ入る入浴法です。これが体にいいと言われている理由は、肺や心臓に水圧の負荷がかからずに、長時間入浴することが出来るので、身体の芯から温まることができ、全身の血液の循環が良くしてくれることです。このことで美肌効果やダイエット効果、毒素を排出して血行やリンパの流れを良くする効果などが得られます。

半身浴

半身浴

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top