湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.03.14

ラドン温泉とラジウム温泉の違いとそれぞれの効果

日本では温泉は長年娯楽として多くの人々に利用されてきました。その中でラドン温泉やラジウム温泉という変わった名前の温泉がありますが、それらの意味と効果の違いについてご存知ですか。そこで、二つの温泉の違いとおすすめの入浴方法を紹介します。

 

 

ラドン温泉の概要と効能

 

ラドン温泉のラドンは自然界に存在する最大の電離作用・イオン化作用のある物質であり、そのガスを身体に害を与えない発生直後の生まれたて一定化したガスをを浴槽内に送った温泉です。ラドンは体に浸透しやすく、近くで呼吸するだけで温泉に浸かったときと同様の効果が期待できます。ラドン温泉に入った後に期待できる効能とは、具体的に挙げると冷え症や痛風といった病気の症状改善やアンチエイジングといった美容効果です。なぜ美容効果があるかというとラドンは、血液の流れを良くして溜まった老廃物の排出を促すため、体を内側から温めて細胞を活性化させるからと言われています。

 

 

ラジウム温泉の概要と効果

 

ラジウム温泉は上記で紹介したラドンの他トロン、ラジウム・ポロニウム・鉛等と呼ばれる別の物質を一定以上含んだ温泉を指しており、地下にある温泉水が地表に到達するまでにウランなどの放射性物質を含んだ岩石を通過し、ラジウムやラドンの放射性元素を含んだ冷泉になります。放射能と聞いて危険なイメージを抱く方も多いですが、ラジウムは放射能の中でも体内に蓄積されにくい物質とされており、体内に入っても尿として体外に排出されるので安心と言われています。ラジウム温泉は薬効があるとされており、温泉に入ると動脈硬化や慢性婦人病など、飲むと慢性消化器病の症状改善が見込めます。他の温泉よりも薬効の幅が広いことから、巷では万病の湯とも呼ばれています。

 

 

ラドン温泉とラジウム温泉の入浴方法

 

ラドン温泉とラジウム温泉でそれぞれの効果を得るには正しい入浴法でなければいけないとされているため、それぞれの正しい入浴方法を紹介します。ラドン温泉の入浴方法は石鹸で全身を洗って5分から15分ほど湯船に浸かります。
一方のラジウム温泉は全身を軽く洗い流してから入り、鼻の下に汗をかく程度まで入って湯船の外で3分ほど休憩するというのを3回繰り返します。これだけで体に何らかの効果が出ると言われていますが、個人差によって効果値は異なるので注意しましょう。ラジウム温泉は冷泉ですので発汗があるまで60分~120分と言われております。

 

簡単に説明するとラドン温泉のラドンは気体で、ラジウム温泉のラジウムとは実際にはラジウムは含有しなくてもラジウム温泉といいます。ラドン自体も浴槽では殆ど壊変して無くなり別の放射性元素へと変わってしまっています。ですのでラジウム温泉でラドンを吸入するには相当な時間を要するのです。どちらも放射能を含んでいるため、ネガティブなイメージを抱かれますが、体内に蓄積しても排出しやすいので安心と言われています。しかもラドン温泉のラドンはほぼ全てが排出され体内には蓄積されません。

ラドン温泉・世界に誇るラドン発生装置

ラドン温泉・世界に誇るラドン発生装置

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top