湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.04.18

ラドン温泉が痛風にもたらす効果とは?

痛風は、その字が示す通り「風が吹くだけでも痛い」ということからつけられた名前のようです。そのため痛みに関して非常に大変そうなイメージが強い病気です。この痛風にラドン温泉が効く、という話もあるのですが実際のところどうなのかについてお伝えしていきます。

 

 

痛風の症状と原因は何?

 

痛風は体の中に尿酸が溜まることで、その尿酸が結晶となってしまい、激しい関節痛を発症させる病気です。治療せずに放置すると、激しい痛みが続き、腎臓の機能が損なわれたり、体のあちらこちらに結節ができてしまいます。足の親指の付け根、くるぶし、肩、かかと、手首、ひじなどの部分に痛風が発生することが多いようです。

原因として言われているのは、暴飲暴食やストレス、運動不足などの生活習慣により、尿酸値が高くなることです。もともと尿酸はどんな人でもからだの中に一定量あるもので、血液などに溶けて循環しており、その後尿の中に濾し取られて捨てられています。しかし、悪い生活習慣などのせいでこの尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えたことで、からだの中に蓄積してしまうのです。溶けなくなった尿酸が、結晶になって関節の内面に沈着し、痛風の発作を起こすのです。

 

 

痛風を改善する食事とは?

 

血液検査で尿酸値が7.0mg/dl以上という結果が出た場合は、痛風になる可能性が高いという事ですので、医師からも言われるとは思いますが、このような結果が出た人は、生活習慣を改善するなど何らかの改善が今すぐに必要です。

具体的にはまずは食事の改善です。痛風になる傾向のある人は、肉や魚介類が大好きでそれらを多く食べる場合が多いのですが、肉や魚介類は尿を酸性にし、尿酸の排泄量を低下させてしまいます。尿酸をきちんと尿から排泄するためには、尿を酸性ではなくアルカリ性に傾ける必要があります。PHで言うと6.2~6.8くらいにコントロールしなければいけません。

尿をアルカリ性に傾けるには、アルカリ性食品を積極的に摂取することが大切です。アルカリ性食品というと海藻やきのこ、野菜などになります。肉や魚介類は酸性食品なので、これらを減らし、アルカリ性食品をこれまでよりもずっと多く摂っていくことで尿酸値を下げていきましょう。

 

 

痛風の人がラドン温泉に入る際の注意事項

 

ラドン温泉は、痛風の改善に役立つという話を聞くことがあります。実際ラドン温泉は、pHが高いアルカリ性である場合が多いので、飲泉することでアルカリ性食品を食べて結石を防止することと同じ効果が期待できます。

もし、痛風の人が温泉に入浴する際は、注意事項があります。痛風の発作がある時は体を温めてはいけないので、入浴は控えなければいけません。発作が出ていない平常時だとしても、43度以上のお湯につかると、尿酸値が高くなります。ですので、ラドン温泉の中で、43度以下のぬるい温度の温泉に入るようにしましょう。刺激の少ない温泉であれば、ゆっくりつかることが出来ますし、リラックスすることで血流もよくなりますし、利尿作用が高まって、尿酸値も改善していくことでしょう。

 

痛風は生活習慣により、溜まった尿酸が結晶となり、激しい関節痛を発症させる病気です。その原因は、酸性の食品である肉や魚の食べ過ぎとも言われていまるため、アルカリ性食品を多く摂ることやアルカリ度の高いラドン温泉を飲用することなどで改善が期待できます。

通風

通風の激痛も湯治

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top