湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.02.19

子供は何歳から温泉に入らせていいのか

子供連れで温泉を訪れる人が多いですが、子供は無邪気であり、家のお風呂と同じように過ごそうとし、結果として迷惑をかけることもあります。安心して温泉に入らせる場合、何歳からがいいのか、育児中の人は知っておきたい部分です。

 

 

赤ちゃんは敏感だからこそ注意

 

生後数カ月で温泉に入れさせる親がいますが、別に悪いことではありません。問題は、赤ちゃんの肌が敏感であるという点です。温泉には色々な泉質があり、肌に優しい温泉もあれば、刺激のある温泉もあります。赤ちゃんの肌は敏感であるため、刺激の強い温泉に入ればかなりの影響が予想されます。

また、温度にも注意が必要です。いきなり熱い温泉に入れさせると赤ちゃんはびっくりします。多少成長を見せた子供であっても、それは同じことです。そうしたことからも、泉質と温度に気をつけることさえし、安全対策を万全にすれば赤ちゃんであっても入ることはできます。

 

 

実は一番重要なマナーの問題

 

子供のからだの問題がある一方、やはり大事になるのはマナーの問題です。特にトイレは死活問題となっており、いかに粗相を防ぐか、万が一起きてしまったらどう対応するかというのが重要です。これらのことは親が対策を立てれば何の問題もないことであり、無理やりにでも脱衣場のトイレで用を足す、すぐにシャワーを浴びさせるなどで十分であり、万が一の時はしっかりと洗い流す、謝罪は入念に行うというので大丈夫です。

脱衣場を走り回らない、体を洗ってから入るなどのことが徹底されれば、やはり赤ちゃんであっても入ることはできますが、逆にこれらが不十分であるときは慎重になることが求められます。

 

 

子供を連れていくときに用意したいグッズ

 

まずバスタオルは多めに持っていくことをおすすめします。もちろん体を拭くためというのはありますが、温泉に入り、色々あって寝てしまった赤ちゃんにかけるタオルケットとしても使うことができます。他にもタオルを使う局面が多いため、子供を連れていく時には多く持っていて困ることはありません。

また、子供はすぐに集中力を切らすため、お風呂に入れても大丈夫なおもちゃを持っていくこともおすすめです。それで遊んでいれば集中力が切れても安心です。お風呂に浸かってじっくりしているという発想は子供にはありません。なので、そのことを見越した準備が必要です。

 

子供からすれば、大浴場などの湯船はとても深く、すぐに転ぶため、岩の部分に体を打ち付けてケガをすることも十分にあることから大人は注意しなければならず、そうした対応ができるのであれば、生後数カ月でも温泉に入ることは十分に可能です。

子供年齢

赤ちゃんの温泉デビューはいつからいいの?

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top