湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.02.20

温泉は肌荒れなどの悪影響をおよぼすことも

温泉は美肌効果があるとされるものも少なくありませんが、逆に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあるので注意をしなければなりません。
体質や肌質が泉質にあっていなければ、肌荒れを起こしてしまうこともあるのでよく覚えておきましょう。

 

 

温泉はいい影響ばかりではない

 

温泉は美肌効果があるものも少なくありませんが、必ずしも美肌になることができるわけではありません。
人によっては肌の状態が良くなることもあれば、逆に肌荒れをしてしまうということもあります。
特に元々肌荒れ体質で肌が弱い人の場合には、温泉の成分の刺激が強すぎて肌荒れの原因になってしまうということは少なくないので注意をしましょう。
同じ温泉でも肌が綺麗になることができた人もいれば、逆に肌が荒れてしまう人もいる以上良いものだと決めてはいるのは危険なので、肌の状態と相談をしてみて無理なく入浴をするのがポイントです。

 

 

泉質に注意をして入る

 

温泉には泉質というものがあり、それによって様々な効果を得られます。
しかし、薬は使い方を間違えれば毒にもなるように温泉にも人や肌の状態によって相性があるので自分はどのようなタイプがあっていて、どのようなタイプがあっていないかを理解することが大切です。
温泉にはアルカリ性と酸性の泉質がありますが、どちらでも肌荒れを起こす可能性があるので自分はどちらがあっているのか、あるいはどちらに弱いのかを把握しておきましょう。
また、アルカリ性でも酸性でも刺激が強すぎると肌荒れの原因となるので、アルカリ性だから大丈夫酸性は相性が良いので大丈夫と決めつけないことも大切です。

 

 

体を強くこすって洗わない

 

温泉というのは実は肌に意外なほど刺激を与えることもあるものだけに、入浴自体にも気をつける必要がありますが、もうひとつ体の洗い方も気をつける必要があります。
肌が弱い人は温泉に限った話ではありませんが、温泉の場合にはより気をつける必要があり温泉の刺激で肌にダメージを受けているところで、ゴシゴシ体を洗うようなことをすれば余計に肌に負担がかかってしまうので、温泉ではソフトに体を洗うようにしましょう。
温泉自体は美肌に良い効果があったのに、体を洗うところで負担をかけすぎてマイナスになってしまうということも考えられるので注意しなければなりません。

 

温泉はとても気持ちのいいもので、美肌にも効果があると考えがちですが、場合によっては肌荒れなどの悪影響をおよぼすこともあるということを忘れてはなりません。
温泉に入るのであれば、注意点を守って気持ちよく入りましょう。

肌荒れ

酸性泉など強烈な成分などで肌荒れおこす場合も注意

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top