湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.06.02

歴代の温泉に関するドラマ

これまでに温泉にまつわるドラマというのは、連続ドラマや2時間ドラマに限らず実に多く、面白いものが様々です。特に歴代の2時間ドラマは全国の温泉街が登場しており、バラエティに富んでいることも特徴となっています。

 

 

温泉宿を舞台にしたドラマが多い

 

歴代のドラマを振り返ると温泉宿を舞台にしたドラマが多いことがわかります。主人公が若女将や仲居さんであり、一緒に働く従業員や女将さん、番頭、お客さんなどの人間関係をめぐる物語が多く、昼に放送されていた、いわゆる昼ドラでは有名な作品が多数放送されていました。

シリーズで放送されていたことから人気が高く、現在は地方のテレビ局で放送されていたり、CSなどでの放送も行われています。温泉そのものが登場するというより、旅館での従業員のユニークなやり取りや多少生々しい人間模様が特徴だったのも、昼ドラらしさを示しています。

 

 

温泉をメインとした2時間ドラマ

 

2時間ドラマで多く登場したのは温泉そのものをメインとしたものです。放送されていた時間が夜9時以降だったこと、昔は家族で見ることを想定していなかったこと、全体的に緩かったこともあり、お色気シーンを多数放送し、上半身裸の女性を自然に写すために温泉を取り上げたような状況となっていました。

このため、それ見たさに男性が見るようになり、歴代の2時間ドラマを振り返るとこうしたものが多数登場するようになりました。こうした傾向は2時間ドラマ全体に広がり、お色気シーンこそないものの、全国の温泉街が舞台となるような状況となっているのは今も同じです。

 

 

今後もあるであろう温泉ドラマ

 

温泉ドラマには、四季折々の風景、温泉を訪れるお客さんの人間ドラマ、そして、温泉そのものの奥深さなど、ドラマの題材としては非常に豊富です。こうしたこともあって、今後も温泉ドラマは多く放送され、映画としても登場することは普通に考えられます。

日本には無数の温泉があり、それに付随して温泉街も点在しています。こうしたところをめぐるようなドラマがあったとしても不思議ではなく、主人公が訪れた温泉街をめぐるツアーのようなものが人気となれば、今後さらにその動きは強まることが予想されるため、その動きにつなげるようなドラマに期待が集まります。

 

温泉に対するあこがれを深めることができるのは、ドラマが面白いこと、混浴風呂への淡い期待など様々ですが、何といっても、気持ちよさに露天風呂に浸かるあの感覚です。家の風呂ではなく、肩まで気持ちよく浸かる姿を見て多くの人が温泉への思いを巡らせることになります。

ドラマ温泉

ドラマのロケ地で温泉がよく利用される

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top