湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.03.05

放射線療法後には保湿ケアと温泉

がんを患って放射線治療を受けることになった方は、副作用として放射線性皮膚炎が起きる場合があります。最近では治療装置や技術が進歩して重い皮膚炎が生じることは少なくなったということですが、それでも皮膚に影響は少なからずあるので、治療後のケアは大切です。

 

 

放射線性皮膚炎とはどんな症状?

 

放射線療法を受けた後に起きる放射線性皮膚炎とはどのような症状でしょうか?具体的には皮膚が赤くなったり、かゆくなったり、ヒリヒリしてきたり、皮が剥けるなどの症状です。放射線は皮膚を通して体の中に届くため、どうしても皮膚にこのような症状が出てしまう場合が多いのです。もしかゆみが強いときは、絶対にかかずに、保冷剤をタオルに包んで冷やすことで、かゆみがおさまることが多いと言います。体を洗う場合はあらかじめ石鹸を泡立てておいて、その泡で優しく洗い、拭くときはこすらずに、ポンポンとタオルを当てるようにしてふき取りましょう。

 

 

放射線療法を受ける際に注意すべき点

 

放射線療法を受けることは、皮膚に負担をかけることになりますが、その影響が最小限でおさまるように気をつけることで、皮膚炎を軽くすることが可能です。

まず、放射線の照射部の皮膚は清潔であることが大切です。もし汗や排泄物などで湿って不潔になっていると、皮膚炎になりやすいのです。また、マーキングが消えてしまうのではないかと放射線療法中に照射部を洗わないようにする方もいますが、やはり不潔な状態では皮膚炎が悪化する恐れがありますので洗うようにしましょう。

それから、放射線療法中、栄養不足に陥っている場合も皮膚炎が強く出たり、治りが遅くなったりします。もし食欲があまりなかったとしても、しっかりと栄養をとることを心がけることが大切です。

そして、治療後は保湿クリームを塗るなどして皮膚を乾燥させないよう注意して下さい。この際の保湿クリームは、香料や添加物、アルコール成分が入っていない刺激の少ないものを選びましょう。

 

 

放射線療法後に温泉に行く場合は?

 

がんの治療自体、ストレスがかかりるものですから、そのストレスの緩和として温泉に行きたいという方も多いものです。ただ、温泉に行くことがいいのかどうか心配になる方もいらっしゃいます。担当の医師に相談して許可をもらえたなら大丈夫です。実際、気分転換も兼ねて、放射線療法後に温泉に行く方は多いです。その際の注意事項としては、皮膚に刺激の少ない温泉を選ぶことです。例えば単純温泉などがいいかもしれません。単純温泉は成分が薄い温泉なので刺激が少なく、しかも全国各地に多く存在しています。子供からお年寄りまで誰もが安心して入れる温泉と言われていますので、療法後気が向いたら出向いてみるのもいいでしょう。

 

放射線治療を受けた後に生じる放射線性皮膚炎を、できるだけ軽いものにするには、照射部を清潔にすること、栄養に気を付けること、保湿をしっかり行う事です。また、放射線療法後は、気分転換も兼ね、皮膚に刺激の少ない温泉に行くこともストレス緩和に役立ちます。

放射線療法

放射線療法

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top