湯~とぴあ

ご予約はこちら RESERVATION
2018.02.11

糖尿病を予防するために必要なのは温泉入浴とミネラル

糖尿病とは、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが十分に働かなくなり、ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなっている状態を言います。軽症の場合、自覚症状がほとんどないので、気づかれないままでいることがありますが、長く続くと重大な影響をもたらします。

 

 

糖尿病の代表的な症状とは

 

糖尿病には、子供や若い人に多い1型糖尿病と、生活習慣によって引き起こされる2型糖尿病とがあります。日本人の場合、約90%が2型糖尿病と言われています。代表的な症状としては、尿の量が多くなる、のどが渇きやすくなって水分をたくさんとろうとする、体重が減る、疲れやすくなる・・・といったことがあげられます。しかし、これらの症状は痛みなどを伴わないため、本人も気づかないうちに、ゆっくりと進行します。そして、症状が無いからということで、何も行わないでいる状態が長く続くと、合併症を引き起こす可能性が高くなります。

 

 

糖尿病の合併症にはどんなものがあるの?

 

糖尿病の合併症には、細い血管にみられる糖尿病の合併症として細小血管症と、大きい血管の病気である動脈硬化で起こる合併症として大血管症があります。細小血管症には、糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病神経障害があり、大血管症には、脳卒中・心筋梗塞・末梢動脈性疾患などがあります。これらは失明や腎不全、足の壊疽、手足の麻痺や言語障害を引き起こしたり、命を失ったりする重大な危険性があります。自覚症状がないからと言って、放置していると、気づいたときにはこのような重大な事態に遭遇する場合もありますので、定期的な検査を怠らずに、万が一血糖値が高いと診断された場合はきちんと医師の指示に従って治療を開始しましょう。

 

 

糖尿病には温泉入浴とミネラル摂取が大事

 

2014年6月に環境省は温泉の一般適応症に「耐糖能異常(糖尿病)」を追加しました。ということは、どの温泉でも糖尿病に効果があるという事を意味しています。ですので日常的に積極的に温泉に出かけることで糖尿病予防になりますし、血糖値が高い方も改善の可能性が高まります。

また、ミネラルが不足すると糖尿病になりやすいといわれています。ミネラルの中でも特に亜鉛が足りないと、インスリンが出にくくなるといわれています。その他、マグネシウム、カルシウム、クロム、カリウムなども重要です。バランスの良い食事を心がけ、野菜をたくさん食べることで、満遍なくミネラル摂取も心がけたいものです。

 

自覚症状のあまりない糖尿病は、放置すると恐ろしい合併症を引き起こします。合併症を防ぐには、日ごろから定期検査を怠らず、血糖値が高ければきちんと治療すること、と温泉入浴やミネラル摂取を心がけることです。

糖尿病4

糖尿病の合併症に、眼の白内障や足の壊死が有名。失明・切断を避けるためにも早急な治療が必要

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111