湯~とぴあ

ご予約はこちら RESERVATION
2018.02.03

温泉に行くときにはぜひ持ちたい便利グッズの紹介!

仕事や勉強で溜まったストレス解消の1つに旅行をあげる方は多いのではないでしょうか?旅行といえば遊園地などのレジャーだけでなく、ゆったりとした温泉旅行も選択肢の1つになりますよね。今回はその温泉で使える便利グッズをいくつかご紹介します。これらを使えばより温泉を楽しむことができるはずです。

 

 

1つは持っていたい温泉バッグ!

 

温泉へ行くには以外にも荷物が多いことをご存じでしょうか?タオルは必需品ですが、特に女性に多いのは自分の髪質にあったこだわりのシャンプーやリンスを使用したいといった方です。もちろん備え付けのシャンプーやリンスを使えば荷物は格段に減らせるのですが、使いたくないという方はシャンプーやリンスのボトルを持ち歩かなければなりません。そんなときに使えるのが「温泉バッグ」です。これはお湯に濡れても大丈夫な素材で出来ているので、タオルやボトルを入れてそのまま脱衣所や洗い場までバッグに入れたまま運ぶことができます。メッシュ素材になっている物も多く、乾きやすいので繰り替えし何度も使うことができます。

 

 

髪の長い方はこれで安心!クイックドライタオル

 

温泉でも自宅のお風呂でも髪が長い方にとって億劫なのはヘアドライです。髪が長いと乾かすのに時間がかかりますよね…特に温泉地ではドライヤーの使用できる数が限られていたりしますからとても時間がかかりがちです。そんなときは吸水性が通常のタオルよりとても優れている「クイックドライタオル」を使用すればサッと水滴を吸ってくれるうえに、頭に巻いたまま着替えをすれば洋服を濡らすこともありません。着替えたあとにドライヤーで髪を乾かせば湯冷めすることなく温泉を後にすることができます。絞ればまた吸水性が戻るのでいちいち乾かさなくてもすぐに繰り返し何度も水分を吸ってくれます。

 

 

貴重品を濡らさず肌身離さず持ち歩ける「防水ポーチ」

 

温泉地の施設によっては鍵のかかるロッカーでなく脱衣かごのみの場所があります。そういった場所では財布やスマートフォンなど貴重品を無防備な状態で置いておきたくないですよね。そんなときは「防水ポーチ」が便利です。中にはポーチに入れたままスマートフォンを操作できるものもあるので、とても便利です。中に車や自宅の鍵を入れておけば失くすこともありません。カラーの種類も豊富にあり、販売しているお店も多数ありますので、温泉の時だけでなく、海やスキー場など濡れては困る物を使う危険性のあるレジャーでは大活躍します。大判のものを使えばシャンプーボトルなども入ります。

 

いかがでしたか?これらの便利グッズは100円ショップでも手に入るものが多いので、1,000円ほどですべて揃えることができます。温泉などレジャーへ行く際に前もって準備しておけば心置きなく楽しむことができます。

温泉ポーチ

温泉ポーチが便利

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111