湯~とぴあ

ご予約はこちら RESERVATION
2018.01.23

ぎっくり腰の予防に効果的な湯治の期間

ぎっくり腰になると、生活に支障が出てしまい、大変です。そのため、いかにぎっくり腰を防止するかが問われることになります。また、ぎっくり腰をよくやるような人の場合、湯治で改善を図ることになりますが、その期間も知っておきたいところです。

 

 

ぎっくり腰になる要因

 

ぎっくり腰は腰回りの筋肉の炎症が原因として起こるものです。急性期の場合には強い痛みが襲い、炎症の部分に血液が集まるようになるため、ここで湯治をすると逆効果です。このため、急性期の時には安静にし、患部を冷やすというのが大前提となります。

慢性的にぎっくり腰になりやすい場合というのは、腰の筋肉が弱い、もしくは凝り固まっているような状態であり、血行があまりよくありません。こうなると筋肉が傷つきやすくなってしまい、最終的にぎっくり腰につながります。湯治でなんとかなるのは、こうした慢性期のものとされています。

 

 

湯治に必要な期間とは

 

ぎっくり腰の予防のために必要な湯治の期間としては、期間というより、頻度と考えたほうが良さそうです。サラリーマンなどはそこまで長い期間は断続的に湯治に費やすことができないため、休みにどれだけ行けるのかということにかかってくるからです。できれば数日間は必要ですが、それを毎月やっていくと、色々な効果が出てきます。

湯治に行くことで精神面での効果が大きく、リフレッシュすることができます。一見するとぎっくり腰とは関係ありませんが、ストレスなどが原因で筋肉が緊張状態になりがちで、それが原因となることもあるため、リフレッシュできそうな頻度がおすすめです。

 

 

湯治におすすめの泉質

 

湯治をするにあたり、おすすめな泉質はラジウム温泉です。ラジウム温泉はリューマチ、関節の症状、自律神経など様々な部分に効果を発揮します。また、ラジウムを吸い込むことで体の中でも効果を発揮することから、内側、外側両方からの改善が期待されています。ラジウムの場合、体内にとどまる時間が短いため、体に影響を与えるような被害にはなりません。

もちろん、湯治において泉質はそこまでの差があるわけではありませんがぎっくり腰以外にも何かしらの疾患を抱えている場合には、それらを悪化させないような泉質かどうかを見極めて温泉に入ることをおすすめします。

 

ぎっくり腰を治療するということは湯治だけでは難しいものの、ぎっくり腰の予防、もしくは改善ということを考えると湯治は効果的です。もちろん、湯治だけでなく、ストレッチなどを適切に行っていくことが前提ですが、今やっているストレッチの効果を高めることにもなります。

ぎっくり腰

ぎっくり腰や五十肩などはラドン温泉で知らず知らずの間に痛みが・・・

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111