湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.01.12

神経痛は温泉で鎮静化する?

神経痛は毎日が痛みとの戦いの病気です。日本中に神経痛の方がたくさんおられますが、その原因がはっきりわかっている方と、全く分からない方とに分かれます。ただ、基本的にはどの神経痛も体を温めることが有効であることが多いですので、温泉に入ることもいいかもしれません。

 

 

神経痛とは一体どんな仕組みで起きるの?

 

神経痛、神経痛と言いますが、神経痛とは実は病名ではないという事を知っている方は意外に少ないのではないかと思います。神経痛自体が原因ではなく、痛みを引き起こす原因となる病気があって、その病気がもとで痛みを感じているということです。

神経系は脳と脊髄からなる中枢神経と、体の各方面へ伸びた末梢神経の二つでできています。末梢神経の中の感覚神経が刺激を受けてそれを痛みとして感じ取り、中枢神経に伝えることで「痛い」という感覚を脳が感じ取っているのですが、神経痛はこのような痛みを反復的に感じ取っているものです。

 

 

神経痛が起きた場合の対処法

 

神経痛にはその原因となっている病気があるので、痛みが繰り返したり、治まらない場合は、できるだけ早く医療機関に行き、原因を特定してもらって、きちんとした治療を受けることが大切です。もし軽い痛みであれば、とりあえずは市販の鎮痛剤で様子を見ます。ただ、どのタイプの神経痛も、長距離を歩いたり、激しく動いたり、重たいものを持ったりすると痛みが強くなる場合が多いですから、下手に動かずに、安静にすることが大切です。また、季節の変わり目は、特に神経痛を訴える人が多くなります。これは、気圧と気温の変化が激しいために、体内の血管が膨張と収縮を繰り返すことで神経に刺激が伝わりやすくなるからです。

 

 

冷えは痛みを増すので温める工夫を

 

秋口から冬にかけては、神経痛を訴える人が多くなります。これはやはり気温が下がって来るからであり、冷えが痛みの感覚を増すからです。その際に、体を温めてあげると、血行が良くなりますから、傷んでいる部分の緊張がほどけて、老廃物が排泄されたり十分な酸素や栄養素もいきわたります。このことで、痛みが鎮静化するのです。体を温める方法として、部分的であれば、使い捨てカイロを当てたり、という方法もありますが温泉に入るというのも一つの方法です。特に神経痛を鎮静化してくれる効果があるのは単純温泉(単純泉)、塩化物泉、放射能泉と言われています。

 

神経痛はそれ自体が病気なのではなく、痛みの原因となっている病気があるので、病院で原因を特定してもらい、治療を受けることが大切です。季節の変わり目や、秋~冬にかけて、体が冷えると痛みが増すので温泉などで体を温めることが大切です。

神経痛2

神経痛はラドン温泉に決まり!痛みがウソのようです・・・

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top