湯~とぴあ

検索
2018.08.19

日本最古の温泉はどこ? 湯~とぴあのご紹介

日本国内には沢山の温泉がありますが、その中には1000年以上の歴史があるものも複数あります。さらに、当時とほぼ変わらないたたずまいで残っている場所もあります。そのような温泉に浸かることで、1000年前にタイムトリップしたような感覚を味わうのも面白いかもしれません。

 

 

ギネスにも認定された世界一古い温泉

 

西暦705年の開湯で、現在まで1300年以上が経過して、今なお続いている温泉が、山梨県南巨摩郡早川町にある西山温泉慶雲閣です。世界で一番古い温泉旅館ということで2011年にギネスブックに認定されています。世界最古の旅館ということなので、どんなに古めかしい秘境の旅館なのだろうかと思うかもしれませんが、実際は大型のホテルのような現代的な高級感あふれる旅館となっています。
源泉は4 本もあり、その泉質は泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉(低張性アルカリ性高温泉)となっています。全館源泉掛け流しの宿というのも特徴です。

 

 

日本最古の露天風呂鹿児島県霧島市 妙見温泉 和気湯

 

鹿児島県霧島市の妙見温泉 和気湯は山間の田園地区の中にある日本最古の露天風呂と言われています。ここは、個人所有になるのですが、持ち主の方のご厚意で一般へ開放してくれているそうです。ひなびた、という言葉がふさわしい、本当に簡素な作りで、脱衣所などもなく、椅子が置いてあるだけになります。隣接している道はハイキングコース、近くに民家もあるので人はよく通るため、見られることを覚悟して入る必要があります。女性は、着替えの時に体を隠せるものを準議していった方がいいでしょう。地元の方たちもよく訪れるそうで、この温泉にまつわる話を教えてもらったりできますし、四季折々の話に花が咲きます。

 

 

世界遺産に指定された日本最古の湯の峰温泉つぼ湯

 

和歌山県東牟婁郡にある湯の峰温泉つぼ湯は世界遺産に指定されています。萱葺き屋根の湯小屋が特徴で、いかにも日本最古の温泉を実感することが出来ます。ここのお湯は重曹硫化水素泉で濁っています。不思議なことに1日に7回も色が変化するといわれています。1組ずつしか入浴できず制限時間が20分と決まっています。そう簡単に入ることが出来ないのが最古所以の面白みでしょう。

ここでお知らせです。昭和55年開設で、日本最古とは言えませんが、約40年の歴史をもつラドン温泉「湯~とぴあ」。場所は、山梨県甲斐市にあります。ラドンは万病に効くともいわれており、湯治や美容、健康目的で沢山の方が訪れています。ラドンが体内に入ると、細胞によい刺激を与えて活性化させてくれます。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

この記事では、日本にある最古の温泉について、記載しました。1300年も前から続く西山温泉、田園の中にある最古の露天風呂 霧島市の妙見温泉、世界遺産にも登録された和歌山県の湯の峰温泉。それぞれ悠久の歴史を感じさせてくれる、個性ある温泉です。是非一度行ってみたいものです。

雨畑湖

雨畑湖

 
 

 

山梨県で人気の♨ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

山梨県で人気の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

山梨県甲斐市にあるラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」は「やまなし百名湯」の温泉。ふらっと訪れる有名人も多く、健康である感動をその場で体感できる湯量たっぷり完全掛け流しの天然温泉。ケタはずれた湯治効果「万病に効く驚異の秘泉」ベスト5、温泉総選挙連続一位の温泉、【湯治では最高クラスの温泉】お宿。美・若返り・健康が一度に手に入り、同時に強抗酸化力により免疫力を高める簡易健康診断可能な温泉。また74項目もの感染対策を実施「山梨グリーンゾーン認定」施設です。

湯~とぴあ
(ライター)専門家《湯治のプロ》早川善輝
高齢者入浴アドバイザー認定上級講師/温泉ソムリエマスター・温泉分析書マスター
日本温泉気候物理医学会・温泉科学会 会員/旅行産業経営塾 卒
宿


閉じる