湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.04.05

医学の温泉の「湯~とぴあ」の特徴と食後の入浴について

温泉が体に良いということはよく言われますが、山梨県の「湯~とぴあ」は新鮮なラドンを使用した医学の温泉で、特に健康に良い温泉として知られています。ただ、この温泉も含めて入浴する時間に関しては食後を避けることが大切です。ここでは、この温泉の特徴と、温泉の入浴に関する注意点についてご紹介していきます。

 

 

「湯~とぴあ」の魅力について

 

この温泉は山梨県甲斐市にある温泉で、昭和55年の開設以来、病気を改善したり美肌を作るなど様々な効果を上げてきたので、非常に多くの人が訪れるようになっています。この温泉では糖尿病、高血圧、腰痛や胃腸の疾患など、様々な疾患や体調の悪さなどを改善する効果があるだけでなく、足や筋肉の疲れなどをとったりアンチエイジング効果もあるので、健康な人達にもプラスになると考えられます。また、ここではホテルを併設しており、ニーズに合わせた部屋を選ぶことが可能なので、その点でも様々な希望を持つ多くの人が利用しやすい温泉と言えます。

 

 

ラドンの持つ効果について

 

この温泉はラドン温泉として知られていますが、ラドンとはウランがより安定した原子核に変わった(壊変した)もので、まずウランがトリウムになり、これがラジウムになってさらに時間をかけて壊変したものがラドンです。ラドンは放射性物質の気体であり、イオン化作用を持っています。そのため、ラドン温泉に入浴すれば、それによって細胞を活性化し、本来の機能を取り戻すことが期待できます。そして、この温泉の場合は人工のラドン発生装置で浴槽の中に安定的にラドンを送り込んでいるので、寿命が短いと言われるラドンを常に新鮮な形で利用することが可能になっています。

 

 

食後すぐの入浴は避けましょう

 

温泉の入浴は体の健康にも良い上に精神的にもリラックス効果があるので、プラスになる可能性が高いのですが、食後の入浴については60分以上の時間をおいてから入るようにすることが大切です。その理由としては、食後すぐに入浴すると消化器に集まる必要のある血液が全身に分散されてしまい、消化不良を起こす可能性があるということが挙げられます。また、入浴した場合は水圧で消化器を圧迫することになるので、その点でも胃の働きが抑えられることが考えられます。以上のように、温泉で入浴する場合は食後すぐの時間帯を避けることが必要ですが、胃腸の状態を考えると食前に関しても30分程度は間隔をあけた方が良いでしょう。

 

温泉は健康や美容に良い効果を与えやすいものですし、その中でも「湯~とぴあ」は病気の治癒や体調の改善などの効果が期待でき、併設のホテルもあって魅力的な温泉と言うことができます。ただ、温泉の場合は胃腸への影響を考慮して、食後すぐの入浴を避けることが大切です。

イオン化作用

イオン化作用

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top