湯~とぴあ

検索
2018.08.21

健康にいい温泉、上がり湯は必要?湯~とぴあのご紹介

健康のために温泉ツアーに行く方が、増えていますが、そんな方達の間で「温泉風呂から上がる際に上がり湯をかけて洗い流した方がいいのか、それとも何もせずそのまま浴室から出た方がいいのか」という疑問の声が上がっています。一体どちらがいいのでしょうか。

 

 

上がり湯という習慣ができた流れ

 

まずはもともとの上がり湯という習慣ができた流れを見てみましょう。上がり湯というのは、銭湯や温泉場など他人と一緒に入る形の共同の湯舟に入った場合、やはり湯は完全無菌ではなく、ある程度汚れているのは当然なので、最後は誰も浸かっていない完全無垢のお湯で体を洗い流そうという習慣です。お風呂に入ったとは言っても多数が使ったお湯は、貯め置きの浴槽であればとりわけ汚れているのは当然で、心情的にも気持ち悪さが残るのは避けられません。ですので、入浴用の浴槽とは別の上がり湯専用の湯槽があってそのお湯を最後に体にかけて浴室を出る、というのがこれまでの習慣でした。

 

 

温泉の場合は多くの場合は流さない方がいい

 

カランが普及する前は、このような上がり湯専用の湯槽というものが、どの銭湯や温泉にもあるのが普通でした。しかし現在ではほとんどの入浴施設でシャワーが付いていますから、もし上がり湯をかけるとなると、このシャワーから出たお湯を使えばいいので、特に上がり湯専用の湯槽は必要なくなったのです。こうなったことで、現在は上がり湯をかけるかどうかは、完全に個人の判断に任された形になったのです。そこで、どちらがいいのかという疑問を持つ人が増えたというわけです。

結論から言うと、温泉の場合は多くの場合は流さない方がいいとされています。というのは、温泉には体にいい有効成分が含まれており、それを真水のお湯で流してしまうことは有効成分の吸収をそこで終えることになるので効果が半減してしまうからです。

 

 

上がり湯で流した方がいいと言われる温泉もあります

 

但し、上がり湯で流した方がいいと言われる温泉もあります。それは、体にしみるような、泉質例えば含鉄泉、酸性泉、硫黄泉、放射能泉などの場合です。草津温泉のような酸度の強い温泉では、皮膚炎を発症することもあるので浴後に水道水で洗い流してくださいと注意書きが書かれている場合もあります。

山梨県甲斐市にある温泉「湯~とぴあ」は、泉質が非常にいいと評判で、リピーターの方も多い温泉です。泉質はラドン温泉で、放射能泉に分類されます。温泉成分は浴後3時間程度皮膚から吸収が続くと言われているので、「湯~とぴあ」でも、できれば洗い流さない方がいいですが、皮膚の弱い方など心配な方は洗い流した方がいいかもしれませんので、様子を見ながら判断しましょう。

 

日本では古くからあった上がり湯と言う習慣。もともとは衛生観念から生まれた習慣でしたが、温泉の場合は成分を体に付着させたままにすることで、体に吸収させたることができるのでその方がいいようです。但し、非常に成分が濃い、強い温泉の場合は皮膚が負けることがあるのでその場合は上がり湯をかけた方がいいようです。

上がり湯

上がり湯

 
 

 

山梨県で人気の♨ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

山梨県で人気の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

山梨県甲斐市にあるラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」は「やまなし百名湯」の温泉。ふらっと訪れる有名人も多く、健康である感動をその場で体感できる湯量たっぷり完全掛け流しの天然温泉。ケタはずれた湯治効果「万病に効く驚異の秘泉」ベスト5、温泉総選挙連続一位の温泉、【湯治では最高クラスの温泉】お宿。美・若返り・健康が一度に手に入り、同時に強抗酸化力により免疫力を高める簡易健康診断可能な温泉。また74項目もの感染対策を実施「山梨グリーンゾーン認定」施設です。

湯~とぴあ
(ライター)専門家《湯治のプロ》早川善輝
高齢者入浴アドバイザー認定上級講師/温泉ソムリエマスター・温泉分析書マスター
日本温泉気候物理医学会・温泉科学会 会員/旅行産業経営塾 卒
宿


閉じる