湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.06.30

温泉には雑菌が一杯、湯~とぴあなど清掃が行き届いた施設を

温泉は日々の疲れを癒し、身体を清め、リラックスできる日本人にとって最高のご褒美です。しかし同時に、高い湿度とちょうどよい水温で雑菌の温床となってしまうのも科学的事実。これをしっかりと対策してくれる山梨の湯~とぴあのような温泉を利用しましょう。

 

 

温泉の構造上、雑菌は発生してしまう

 

野外に掘られた、源泉の湧き出る場所と川が合流しているような秘湯。そういったものでもない限り、温泉施設はどうしても複雑な構造にならざるを得ません。源泉を貯めて適温にするための槽や、そこから各浴槽にお湯を送る配管、ポンプ、そこから戻ってくるお湯を浄化するフィルターなどなど、経由する人工物が多いほどそこに雑菌がヌメヌメとした巣(バイオフィルム)を形成し、住み着いてしまいます。湿度も常に高く、施設内の温度も雑菌の好む暖かさを維持されるため、まさに雑菌の天国と言えるでしょう。このため衛生にはかなり厳密な対策が求められます。

 

 

一般的な温泉施設の衛生管理とは

 

一般的には、温泉施設の衛生は薬剤で守られていると言って良いでしょう。温泉施設ではポンプを起点としてお湯が各所を巡り、排水されたものが浄化フィルターを通って戻ってきます。この流れの中に、刺激が弱くニオイの少ない(温泉の風情を失わないような)消毒剤を投入するのです。一か所でこのお湯の流れに入れれば良いのでとても手軽、人件費もかからないためこれだけに頼ってしまう施設が多いのですが、実はこの安易な衛生管理法にはとても大きな落とし穴があります。いくら強力な薬剤を投入しても、それだけでは次第に排除できない雑菌が増えてくるためです。

 

 

きちんとした温泉施設では清掃の管理が行き届いている

 

なぜ薬剤だけではダメかというと、浴槽のお客さんたちが表皮や皮脂、汗などの有機物(雑菌のエサ)を大量に毎日お湯の中に供給してしまっているためです。温度と合わさり増殖した雑菌のかたまりはバイオフィルムを形成し、その膜の中に浸透できない薬剤を防いでしまいます。そのため、定期的にパイプやフィルター、浴槽を磨き洗いする必要があるのです。湯~とぴあなど著名な温泉施設はこのことを理解しているため、しっかりと管理されたスケジュールに則ってこの清掃が行われています。皮膚や、口元にもお湯は触れますから雑菌への対策は欠かせないものなのです。

 

温泉をつい飲んでしまうという方の中には、雑菌だらけの温泉施設で体内に大量に菌を取りこんで体調不良を起こしてしまうケースもあります。正しい雑菌対策が施されている施設で入浴を楽しむことが安心につながります。

清掃中

清掃中

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top