湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.10.30

温泉施設での宴会はマナーを守る事が大事

会社の慰安旅行、家族旅行などで温泉に遊びに行く機会はたくさんあります。温泉後の楽しみといえば、美味しい料理を楽しめて皆で盛り上がれる宴会があります。ただ宴会を行う際は、周りに迷惑にならないようにマナーを守る事が大事です。

 

 

宴会を楽しむ際のマナー

 

友達や社員旅行、同窓会などの団体旅行で温泉に遊びに行かれる方は多いです。昨今では、飲み放題の宴会プランが付いていて、リーズナブルな価格で楽しむ事が可能です。ただ宴会ではついつい開放的な気分になりがちなので、周りに迷惑をかけないようにマナーを遵守する事が大事です。
一番大事なことは、あまりにも騒がないということです。温泉に入って食事、お酒を飲んだりすると、つい気持ちが緩んで、皆で大声で騒いでしまいがちです。しかし、温泉旅館には、自分たち以外にもたくさんの宿泊客がいるのです。静かに過ごすために滞在している人もいるので、館内や廊下などでは静かにする事が大事です。

 

 

旅館での服装の注意事項

 

温泉旅館に宿泊する際は、館内を移動する際の服装に気を遣うこともマナーと言えます。温泉に入ると、男性の場合、タンクトップに短パンとすごくラフな格好をされる方が多いです。あるいはパンツ一丁で、上半身は裸で食堂や廊下などを移動する方もいらっしゃいます。温泉に入った後は開放的な気分になるものですが、旅館はあくまでも公共の場ということを忘れてはいけないです。あまりにも露出が多い服装だと他の宿泊客に迷惑になります。
そこで、旅館内を歩く際は、部屋に置かれている浴衣を身につけるといいです。浴衣ならば館内はもちろん、外出する事も可能です。

 

 

アルコール摂取後の温泉は危険

 

宴会を楽しんだ後に、再び温泉に入るという方はたくさんいらっしゃいます。ただ過剰にお酒を飲んで酔っている状態で入浴することは避けたほうが良いです。というのも、飲酒直後の入浴は、身体に大きな負担がかかるからです。もし酔ったまま温泉に入ると、血液が大量に全身に送られることで、脳の血流が減少して脳貧血に陥ります。また、気分が悪くなって心臓発作の危険、溺死する恐れもあります。
飲酒後、少し酔いを覚ませば大丈夫だという方もいらっしゃいます。ただこれは気紛れで、アルコール濃度が高くなり、アルコールの感覚を麻痺させる作用が強くなっているだけです。なので、飲酒後は水分を補給して早めに寝たほうが良いです。

 

温泉を楽しんでから、宴会で思いっきり盛り上がるのは、日頃のストレスを効果的に発散する事ができます。なので、家族や友人、会社の同僚等と出かけて楽しみたいという方はたくさんいます。ただ温泉施設は公共の場であることを忘れず、マナーを守る事が大事です。

宴会マナー1

宴会マナーは?

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top