湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.12.18

源泉掛け流しの適度な温度が楽しめる湯~とぴあ

温泉の中には、湧き出した時の温度が低いことで浴槽に送り込む前に温めていることがあります。成分はほとんど変わりませんが、そういった温泉は厳密には「源泉かけ流し」とは言えません。湯~とぴあでは、まさに源泉の湧出口から溢れ出る、適温の湯を楽しむことができます。

 

 

源泉が堪能できる湧出口からの適温の湯

 

湯~とぴあの天然ラドン温泉では、源泉からの湧出口で流れ出ている湯の温度は39度と、入浴温度としては、体温よりややぬるめのお湯になります。37度から39度ほどの温度の湯で入浴することを「微温浴」と言いますが、その温度がまさに、自律神経において全身をリラックス状態に導く作用を担う副交感神経を優位にすることで、脈拍を落として血圧を低くする効果が得られる温度とされています。温泉の効果で最も嬉しいリラックス効果を、湧出口から豊富に流れ出す適温の湯をゆったり楽しむことで、じっくりと体感することができます。

 

 

温泉分析書で判断する源泉かけ流し

 

温泉人気の高まりによって、各地で「源泉かけ流し」を称する温泉が登場し、中にはろ過したり入浴剤などを足しているところも出て、問題となることもありました。それもあって2005年には、温泉法施行規則の改正によって、温泉を使用する入浴施設に掲示する温泉分析書に、「加水」「加温」「循環・ろ過装置の使用」「入浴剤または消毒剤の使用」の有無を明記することが義務づけられました。衛生面の管理は大切ですが、温泉はやはり、源泉から湧き出した状態の湯が楽しめてこそ「源泉かけ流し」の本格温泉療養が可能になりますので、効能の恩恵にたっぷり浴したいときには、源泉のままかどうかは、やはり重要と考えられます。

 

 

ラドン温泉の恩恵がたっぷり受けられる温度

 

天然ラドン温泉である湯~とぴあの、源泉湧出口からの39度というややぬるめの湯の温度は、ラドンによるイオン化作用の効能をたっぷり得るために、まさに適温と言えます。ラジウムが変化した気体であるラドンは呼吸や皮膚から体内に吸収されることで血液中に溶け込み、その中でアルファー線を放出し、そのイオン化作用によって細胞を活性化させる効能を持ちます。ラドンをたっぷりと体内に吸収するためには、少しでも長く浴室に居て、ゆったり湯に浸かることが大事となります。あまり高温の湯では、浴槽からすぐに出たくなってしまいますし、湯あたりの心配もありますので、微温浴の温度37.2度は、ラドン温泉にとってぴったりの温度となっています。

 

湧出口から適温で浴槽に流れ出る豊富なラドン温泉の湯は、勢いよく湧き出すそのしぶきによって、より多くのマイナスイオンも発生させます。適温の湯でのラドンによるイオン化作用で自律神経が整えられ、マイナスイオンでさらにリラックス感が高められることから、ラドン温泉として大変理想的な温度となっています。

源泉

正真正銘、源泉掛け流し、無加温、無加水、地下千㍍からの自噴温泉です

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top