湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2017.12.09

湯~とぴあでは静水圧によるマッサージを体感できる

現代社会で生きる人々は、仕事や人間関係などでストレスを抱え込みやすいです。また、忙しく日々を過ごす中で心身の不調を感じる方も少なくないです。そんな方の間で、日頃の鬱憤を晴らせると人気なのが、山梨県にある湯~とぴあです。

 

 

静水圧によるマッサージ効果とは

 

湯~とぴあは、昭和55年の開設以来、「東洋一のラドン温泉」としてたくさんの観光客から人気を集めています。こちらの温泉施設では、静水圧によるマッサージ効果を受けられる事で有名です。そもそも静水圧とは、温泉に浸かった時に全方向から水圧を受ける状態のことです。つまり、体の表面、皮下組織に優しいマッサージを受けることになるので、血液やリンパの流れを良くすることができます。その結果、循環機器を活発にできるので、 日頃の緊張を解きほぐす効果を得られます。また、血行が良くなることで女性に多い冷え性も改善でき、痩せやすい体質に生まれ変われます。

 

 

安全に入浴する為の注意点

 

湯~とぴあの温泉施設はリラックス効果が高いのですが、入浴方法を間違えると思ったような効果が得られないケースもあります。温泉に入る際に最も大事なことは、必ず半身浴で浸かる事です。というのも、肩までお湯に浸かる全身浴の場合、水圧の影響で血管が圧迫されるので、血液が一斉に心臓に戻っていくからです。すると、心臓に大きな負担がかかってリラックスすることができないです。特に年配の心臓や呼吸器が弱っている方の場合、危険を伴うことになります。そのため、温泉に浸かる際は、腰の位置、みぞおちの辺りに湯が来るように配慮した方が良いです。

 

 

温泉に入る回数、湯船の出入りについて

 

温泉施設に出かけると、お金を払っているのだからなるべく多く入りたいと考える人は多いです。しかし、1日に何回も入ってしまうと、熱い湯に浸かることは多量のエネルギーを消費するので、体がすごく疲れてしまいます。また、体が長時間、熱い状態になるので湯あたりが起こる危険もあります。したがって、温泉に入るのは多くて1日に3回までを目安にするといいです。
それと、一度の入浴時に湯船に何回も出入りをする行為も同じく体の負担になります。 温まり過ぎて、動悸が激しくなったり、気分が悪くなることもあります。よって、湯船に何回も出入りするのもやめた方が良いです。

 

温泉施設は、日常の生活を忘れて、思う存分リラックスする事ができます。温泉以外にも、美味しい料理を堪能したり、友人や家族と宴会で羽目を外す事もできます。なので、ゴールデンウィーク等の長期休みに脚を運んでみるといいです。

静水圧マッサージ

静水圧マッサージ効果による血流の促進

 

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top