湯~とぴあ

フェイスブック ツイッター
ご予約はこちら RESERVATION
2018.07.27

湯~とぴあで健康になるために欠かせない水分補給

温泉に入ると、一般的には健康増進になりますが、入り方次第では、かえって疲労することもあります。いわゆる温泉疲れという現象を防ぐには、適度な水分補給を心がけながら入浴することが大事です。また、入浴時間にも気をつけることです。

 

 

入浴前後の水分補給が欠かせない

 

湯~とぴあは、日帰り入浴も可能な温泉施設であり、東京や名古屋方面からも多くの入浴客が訪れています。健康増進効果が評価されてのことです。ただ、あまり温泉に入り慣れていない入浴客の場合、温泉につかったことで、かえって疲労してしまうこともあります。いわゆる温泉疲れです。これは、入浴方法に気をつけさえすれば、簡単に防げることです。入浴では、水圧がかかる関係で、体にある程度の負担がかかります。また、大量に汗をかくため、水分補給も欠かせません。肌に水分が満ちていても、体内の水分はまったく別です。汗をかいた分の補給が必要です。

 

 

入浴時間もほどほどに

 

入浴する時間も、ほどほどにすることが大事です。水圧がかかるため、最近は半身浴が推奨されているくらいであり、首から下がすっかり湯につかるという状態だと、体はかなり疲労します。疲れを感じる前に、温泉から出るのが理想ではありますが、遅くとも、頭がくらくらするような感じがしたら、すぐ出ることが大事です。せっかく温泉地に来たのだから、なるべく長く入っていたいという気持ちになるのも当然でしょうが、温泉疲れという状態になってしまうのは避けたいところです。湯から出たら、湯冷めしないようにすぐ体をふき、水分補給もしっかりとおこないましょう。

 

 

入浴前にも水分補給を

 

水分は、不足する前に補うのが大切です。そのため、入浴前にも水分補給をおこなうべきです。温泉ホテルでは、客室にお茶が用意されているものです。湯~とぴあに隣接したホテル、竜王ラドン温泉ホテルのチェックイン時間は15時となっていますが、その時間にチェックインしたあと、用意されているお茶をたっぷりと飲むことが望まれます。特に、20分以上入浴する予定である場合は、大量の汗をかくことを想定しておかなくてはなりません。800ミリリットルは失われると言われます。脱水症状になるのを防ぐためにも、入浴前に、十分な水分補給をしておきたいところです。

 

温泉に長くつかっていると、大量の汗をかきます。また、水圧で心臓に負担がかかるため、長時間の入浴で、温泉疲れと言われる状態になることもあります。入浴前後にはしっかりと水分補給をする必要があります。入浴時間もほどほどにしておきましょう。

発汗7

発汗は健康のバロメーター、健康な人ほど汗をかく

 

 


武田家末裔旅館

ラドン温泉とは

どんな遠い昔に一度でも利用していただいたお客様は、忘れずに必ず戻って来ていただける温泉。 病院でも治せない病をも、 ここラドン温泉により楽になることを思いだしていただける。それが私ども心の支えである。
「健康に勝る富はない」ラドン温泉を通じて多くの人々へ健康の喜びをお届けすること。 そんな温泉です。目新しさや
優れたサービスもない。ただ健康だけはお届けできる。 山梨の温泉から、世界中のお客様が押し寄せる温泉に。これこそ医学の温泉Medical hot spring」です

 

学生団体・インバウンド・研修・一人旅・家族・湯治・観光・ビジネス・登山・合宿に
甲斐市にある温泉旅館★武田家縁のお宿★館主 早川善輝《早川善左衛門 末裔》
竜王ラドン温泉ホテル 宿泊:In 15:00~Out 10:00 【⇒予約
ラドン健康パレス 
 湯~とぴあ 日帰:10:00 ~ 23:00 ℡:055-276-9111 


Top